人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.03.15

介護経験者100人に聞く「認知症介護を楽しいと感じる時」

 社会問題となっている高齢者の介護。特に、認知症患者の介護については深刻な問題となっている。認知症の情報サイト『認知症ONLINE』を展開する株式会社ウェルクスが昨年、認知症の介護経験のある人を対象に、認知症介護を「楽しい」と感じるのはどんな時か?調査を実施したところ、辛いことがフォーカスされやすい認知症の介護において、実際に介護に携わる人たちの意見が浮き彫りになった。

 認知症介護を「楽しい」と感じたことはありますか?との質問に対し、「楽しい」「面白い」と感じたことが「ある」という人が88.0%、「ない」が12.0%という回答を得た。認知症介護経験者の9割近くが「楽しい」「面白い」その面白さをと感じたことがあるという結果になった(※「ある」と答えた方の属性内訳:介護福祉職72%、介護家族20%、無回答8%)。

認知症介護に関する調査

 また、「楽しい」「面白い」と感じたことが「ある」と回答した人に、どんな時に楽しさや面白さを感じますか?との質問に対し、トップは、「本人と信頼関係を築けた時」(67.0%)。最初は症状が落ち着かなかった人が日に日に穏やかになる、あるときから「ありがとう」等の感謝の言葉をかけられるようになる等、信頼関係の構築に面白さを感じる、という意見だ。

 続く2位は、「予想外の言動に遭遇した時」(64.0%)。次の行動やを予想できない、予想を超えるリアクションが返ってきた等、認知症特有の現象に面白さを感じる、という意見も目立った。そして3位は、「本人の理解を深められた時」(42.0%)。今まで気づかなかった本人の一面を知った、素の部分を知った時に面白さを感じる、という内容だ。

認知症介護に関する調査

 一方で、「専門知識が身につく時」(21.0%)や「介護技術を高められた時」(17.0%)という意見は比較的少数派で、知識や技術よりも人と人との関わりを通した面白さが上位を占めていることが特徴的だった。自由回答で寄せられたコメントは以下の通り。

・表情の乏しい利用者さまに、声をかけ手を握らせていただき、温もりを伝えあった時、パッと表情が明るくなり笑顔を見せてくださる瞬間は、なんとも言えず幸せを感じます。 (45〜49歳/特養 介護士、女性)
・ほとんどは悲しい事でしたが、母が「今が一番幸せ」と言ってくれたことが未だに思い出されます。(40〜44歳/女性)
・面白い発言、発想、解釈が聞けた時は抱腹絶倒。(40〜44歳/女性)
・身につけた知識や技術を活用し、何度も何度もコミュニケーションを図り、その方の不安、好きなこと、生活歴や反応するキーワード等の情報を得た上で、更に深いコミュニケーションが図れたとき。 その繰り返しで得ることのできた信頼関係。(30〜34歳/男性)
・ありのまま、自分の命を全力で生きておられるお年寄りの方と関われることはとても楽しく、わたし自身の心の奥底にあるものに訴えかけてくるものがあります。 最期の大切な時間を共に過ごさせていただけることへの喜びも大きいです。(35〜39歳/女性)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。