人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

すべてがレベルアップした『プリウスPHV』は買いか?

2017.03.15

 インテリアでは多くのほうがフロントドアを開けた瞬間にトヨタ初採用となる11.6インチの大型センターディスプレイが目に飛び込んでくる。フロントウインドウの下のセンターモニターに必要な走行情報を表示されるのは『プリウス』同様で、これは目線移動が少なく、外視界とモニターとの肉眼のフォーカス調整を減らす配慮もされている。

総合的にレベルアップした『プリウスPHV』は買いか?

 その上で(目線的にはその下だけど…笑)、『PHV』では先進性と今はまだ高価な印象のある大型センターディスプレイがドーンと埋め込まれているのだ。『iPad』より少し大きなこのディスプレイの見易さは何よりも地図表示などの視認性のよさがうれしい。さらに画面を分割してオーディオや空調と地図を見やすく表示できたりもする。その操作もタブレット感覚で使え(私は大して長くはないけれど)、ネイルした爪でも反応が良く、操作感もいいと思う。

 空調と言えば、この11.6インチとナビシステムを備えたモデルでは「T-Connect DCMパッケージ」の多種多様の通信アプリが使えるだけでなく、『PHV』用のアプリを自分のスマホにダウンロードすれば充電の管理や車内の空調セットを遠隔操作で行なうこともできる。“クルマと繋がるIoT”の連携強化も新型『PHV』の特徴だ。

総合的にレベルアップした『プリウスPHV』は買いか? 総合的にレベルアップした『プリウスPHV』は買いか? 総合的にレベルアップした『プリウスPHV』は買いか?

 続いて走行性能について。エンジンは『プリウス』と同じ1.8Lを搭載し、エンジン+モーターで走行するハイブリッド車としての実力は言うまでもなく十分。EV走行モードの距離が伸びた新型『PHV』ではEVらしい加速の速さも初体験の方にとってはかなり新鮮だと思うが、それに加え動力がタイヤや路面にしっとりと伝わるモーター駆動力の伝わり方(フィーリング)も好感触。

 走り出してしばらくは当然ながらEV走行が可能であり、その間のエンジンの存在を忘れる加速フィールとコントロール性、そしてEVならではの静粛性はお世辞抜きでクセになると思った。新型『PHV』のEV走行の強化は、まさに技ありと言えるだろう。今回、駆動用のモーターだけでなく、発電用のモーターもEV走行をサポートできるようになり、駆動用モーターが53kWのパワーを発揮するのに加え、発電用でも23kWがアシスト。

総合的にレベルアップした『プリウスPHV』は買いか? 総合的にレベルアップした『プリウスPHV』は買いか?

 ちなみに、EVモードの走行距離は駆動用バッテリーが満充電の状態なら、最長で68.2km(←は15インチタイヤ装着モデルの数値。17インチになると55.2km/Lとなる)。これは先代が26.4kmだったから2倍以上も距離を延ばしたことになる。燃費性能についてはJC08モードで37.2km/Lで、これは『プリウス』と同じ。車重増加が燃費にネガとならぬよう、2つのモーターが走行パフォーマンスとエネルギー効率を両立させている。実はココ、トヨタがこだわった点でもあるのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。