人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.03.17

最高時速341km!4.0ℓ、V8ツインターボエンジンを搭載したマクラーレン『720S』

マクラーレンが第87回ジュネーブ国際モーターショーにおいて、新型『McLaren 720S』を公開した。新しい『720S』は、同じスーパーシリーズの『McLaren 650S』よりも軽く、速くなっているほか、性能も大幅に向上している。また、車内のスペースと洗練性、ならびにドライバーとクルマを一体化させ、ドライバーをときめかせる機能が充実。『720S』をひと目見るだけで、マクラーレンのデザイン言語と伝統であるエアロダイナミクスへのこだわりが大胆に再解釈されていること、そして美しいフォルムには一切の無駄がないこと、疑いの余地がなくもっともマクラーレンらしいマクラーレン車であることが理解できるはずだ。

新しいMcLaren『720S』は、マクラーレン正規販売店で注文が受け付けられており、7月よりデリバリー開始予定となっている。スペックは3種類用意されており、スタンダードおよび上位グレードであるパフォーマンスとラグジュアリーでは、さまざまなオプション・パックが装備される予定。車両本体価格は3338万3000円 (税込)から。

新しいスーパーシリーズのデザイン面での特色の1つは、車体の横にあるラジエーター・インテークを省いたこと。その代わりの役目を果たすのは、ディヘドラル・ドアに装備された、独自のエアロダイナミクス形状である「ダブルスキン」だ。この仕組みにより、エアーがミッドシップ・マウントのエンジンを冷却する、高温ラジエーターに送られる。

『720S』に搭載の新型のM840Tエンジンは、高い評価を得ている、マクラーレンおなじみのツインターボV8エンジン・シリーズの系譜にある。4.0リッターのエンジンは、マクラーレン・スポーツシリーズに引き続き搭載されている3.8リッター・エンジンに比べて41%の部品が取り替えられており、最高出力と最大トルクは、それぞれ720PSと770Nmである。

エンジン性能はまさに驚異的で、停止状態から時速100kmまでの加速は3秒を切っており、その後わずか5秒でクルマは時速200kmまで加速。そのまま最高時速341kmにまで達することが可能だ。新しい『720S』はブレーキ性能も同様にすばらしく、時速200kmでの走行から停止状態に至るまでがわずか4.6秒で、その間の走行距離が117m。さらに、スピードだけではなく、エンジン効率も優れており、複合燃費は10.7リットル/km、新欧州ドライビングサイクル(NEDC)でのCO2排出量はわずか249g/kmとなっている。

カーボン・ファイバー構造におけるマクラーレンの専門性の高さは、1993年のMcLaren F1以来、すべてのロードカーにカーボン・ファイバー製シャシーが採用されているのを見ても明らかで、新しい『720S』でもその専門性が発揮されている。『720S』のアーキテクチャは、基部となる新しいカーボン・ファイバー製の「タブ(tub)」と上部構造の「モノケージII(Monocage II)」が中心となっている。この技術は、軽量な構造に非常に優れた強度と剛性をもたらす、 スーパースポーツカーの理想的な基本構造であり、さまざまなアルミニウム合金もシャシーおよび一部の ボディー・パネルなどで広く使用されている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。