人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

バッテリーの使い方がポイントになる新型『プリウスPHV』試乗レポ

2017.03.17

で、新型プリウスPHVのAレザーパッケージを試乗してみると、まずは標準型プリウスに対してより乗り心地にマイルド感、上級感があり、段差の乗り越えや荒れた路面でのマナーが向上していることがわかる。バッテリー容量UPで低重心化がすすみ、専用の足回りによって一段と快適な乗り心地が得られるようになっている。

プリウスPHV試乗レポ
乗り心地は標準型プリウスより上

操縦性も確実に向上している。とにかくステアリングを切るとリニアに気持ち良くカーブをトレースし、曲がってくれるのだ。標準型プリウスも先代モデルと比べると、走りの質は大幅に向上しているのだが、PHVはさらにその上をいく。

プリウスPHV試乗レポ
PHVならではの運転の気持ち良さを実現

ただし、HVモードで走っているとき、エコモードに入れると、標準型プリウスより加速は緩慢。なにしろ車重は150kg、つまり大人2人分重いのである。ある程度ゆとりあり加速力を求めるなら、ノーマルモードで走る必要があるなぁ・・・と感じたのも事実。

標準型プリウスより「速いな」と感じるのは、デュアルモータードライブが威力を発揮する出足、中間加速時だ。とにかく豊かなモータートルクによってレスポンスよく、滑らかにトルキーに走ってくれる領域だ。そう、プリウスPHVはHVモードよりEVモードの方が、感覚的に速く感じられるのである。エンジンがかかり、ある程度回したときのこもりがちな音質が、標準型プリウスと変わらないとはいえ、特にいいわけではないので、なるべくEVモードで走りたくなってしまう。

プリウスPHV試乗レポ
標準型プリウス。リヤビューが地味に見える

だから、プリウスPHVはバッテリーをどう使うかが、乗り手に与えられた課題になる。うれしいのは、EV/HVモード切り替えスイッチを長押しすることで、強制的にエンジンをかけ、それも比較的高めの回転域を使ってバッテリーをチャージする「チャージモード」があること。

プリウスPHV試乗レポ

HVモード燃費はガクリと落ちるけれど(といっても60km/L台から40~50km/Lになるイメージ)、バッテリーはみるみるチャージされていく。試乗時もバッテリー容量が18%まで減ったところで「チャージモード」をON。するとHVモード燃費に影響がより少ない高速走行で約20キロ走ったところでバッテリーは40%にまで回復。なかなか効率がいいと感じられたのだ。

プリウスPHV試乗レポ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。