人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.03.11

【開発秘話】累計50万個以上売れているリベルタの『白ワキ姫』

■連載/ヒット商品開発秘話

 少しずつ春が近づいている。ワキの黒ずみで悩んでいる女性が、薄着になる夏に向けてケアを始める時期が来た。

 実は、多くの女性がワキの黒ずみで悩んでいる。これまでは、対策方法がわからないといった理由から、悩んでいてもケアしないことが圧倒的だったが、2016年に入りワキの黒ずみをケアする商品が相次いで発売された。そのきっかけになったのが、リベルタの『白ワキ姫』である。

 2014年3月に発売された『白ワキ姫』は、黒ずんでいたワキを30秒で美ワキにするのが特徴。日本はもとより韓国やマレーシア、シンガポールなどでも好評を博し、これまでに50万個以上も売り上げている。

リベルタ『白ワキ姫』 リベルタ『白ワキ姫』

■電車の中で偶然目にしてしまった、衝撃の光景

 女性にとってワキは、見られたら恥ずかしい秘部。したがって、女性が開発したかと思いきや、意外なことに企画・開発したのは男性であった。では、そのきっかけは何だったのか。担当した真田哲矢氏(美容事業部美容企画部)によれば、それは2013年夏に偶然目にしてしまった、男性にとって衝撃的な光景だった。

「電車の中で女性がつり革につかまっていたのですが、偶然、その人のワキが見えてしまいました。そのとき見えたワキが汚かったのです」

真田哲矢氏
リベルタ
美容事業部美容企画部
部長
真田哲矢氏

 あまりの汚さにショックを受けたという真田氏。女性のワキは手入れが行き届いてキレイだと思っていたこともあり、理想と現実のギャップに驚いてしまった。

 しかし、汚い原因が汚れなのか、それとも黒ずみなのかは、そのときはわからなかった。電車に乗っている間、ずっとモヤモヤし続けたという真田氏は、その後、ワキが汚れる原因を調査。すると、汚れの大きな原因は黒ずみだという結論に至った。黒ずみはメラニン色素の沈着、皮脂の汚れ、古い角質の詰まり、埋没毛などにより、皮膚が黒くなってしまうことで引き起こされる。カミソリによるムダ毛処理時の肌へのダメージや、汚れが溜まり新陳代謝が悪くなることなどが、原因として考えられている。

 調べていくうちに黒ずみで悩んでいる女性が多いことが確認できたことから、ワキをケアする商品はニーズがあると判断し、『白ワキ姫』の開発を企画する。ただ、社内の女性開発スタッフに反応を確かめてみると、ワキの黒ずみという悩みがあることは認めつつも、『白ワキ姫』の商品化については好意的な反応が得られなかった。「女性の開発スタッフのほぼ全員が、このような反応でした」と真田氏。その理由は、「恥ずかしくて店頭では買えない」というものだった。

 しかし真田氏は、商品化したらある程度はイケるのでは、という自分なりの根拠を持っていた。それは、2012年頃から女性のデリケートゾーンやバストをケアする商品が店頭でも売れるようになったこと。「人には言えない悩みに関するアイテムはそれまで、通販でしか売れなかったのですが、調べていくと、店頭でも買えるような世の中になってきたことがわかってきました。であれば、ワキをケアする商品もイケるのではないか、ということから、商品化を強行することにしました」と真田氏は話す。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。