人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.03.13

【CP+2017】キヤノン、ニコン、リコー、シグマ、注目の新作をチェック!

■連載/ゴン川野の阿佐ヶ谷レンズ研究所

CP+2017で見た気になるカメラとレンズに大接近!Canon、Nikon、FUJIFILM、RICOH、SIGMA編

■Introduction

パシフィコ横浜で2月23日から26日まで、4日間にわたって開催された「CP+2017」の会場レポート。第2弾はCanon、Nikon、FUJIFILM、RICOH、SIGMAのブースをご紹介しよう!

■Canonはテーマ別ブース構成で『EOS M6』が人気急上昇!

Canonのブースもかなり広い面積があり、レフトステージ、センターステージ、ライトステージに分かれているのだが、イマイチ分かりにくい構成だった。ライトは風景と花、ポートレート、スナップに関するセミナーを開催。レフトは飛行機、鉄道、動物、スポーツなどの動体撮影に関するセミナー、センターでは『EOS 5D MKIV』『EOS-1D X MKII』と『EOS M5』『EOS M6』を使っている写真家のセミナーがおこなわれていた。これは贅沢な布陣である。それぞれに撮影体験コーナーもあり、鉄道模型、女性モデル、バスケットなどが撮影できた。最も人気があったのは「あんしんメンテ」コーナーで私が訪れたときは70分待ちだった。これはCanon製のカメラとレンズを点検、清掃するメンテナンスサービスの紹介で、CP+では無料だったので長蛇の列ができていた。

CP+2017で見た気になるカメラとレンズに大接近!Canon、Nikon、FUJIFILM、RICOH、SIGMA編
動体撮影が試せる鉄道模型が走るブース。かなり大型の機関車で迫力があった。

CP+2017で見た気になるカメラとレンズに大接近!Canon、Nikon、FUJIFILM、RICOH、SIGMA編
『200-400mm F4L IS USM』の分解モデル。こんなに部品点数があるのかと驚かされた。

CP+2017で見た気になるカメラとレンズに大接近!Canon、Nikon、FUJIFILM、RICOH、SIGMA編
『200-400mm F4L IS USM』のカットモデル。レンズの構成枚数がスゴイことになっている。

CP+2017で見た気になるカメラとレンズに大接近!Canon、Nikon、FUJIFILM、RICOH、SIGMA編
Canonのデジタルシネマ用レンズ。やはり昔っぽいデザインである。

CP+2017で見た気になるカメラとレンズに大接近!Canon、Nikon、FUJIFILM、RICOH、SIGMA編
ケースが反射してよく見えないが、参考展示された8K用のデジタルシネマレンズ。これは巨大だった。

CP+2017で見た気になるカメラとレンズに大接近!Canon、Nikon、FUJIFILM、RICOH、SIGMA編
あんしんメンテ」はカメラの基本点検と清掃をおこなう「あんしんメンテ スタンダード」と専用の高精度測定機器を使って点検をおこなう「あんしんメンテ プレミアム」の2種類がある。会場でのサービスは特別版で所要時間約10分、カメラのセンサー清掃はおこなわれなかった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。