人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.03.13

EV走行可能距離は68.2km!プリウスPHVの進化を徹底検証

新型プリウスPHV

ついにプリウスPHVの発売が開始された。歴代プリウス、先代プリウスPHVのユーザーはもちろん、最先端のエコカーに感心のある人にとって、今、最大の興味の的ではないだろうか。

まずは先代との違いについて。先代PHVユーザーの不満点のひとつが、標準型プリウスと変わらない、差別化最小限のスタイリングだったという。しかし新型は明らかに別デザイン。

新型プリウスPHV 標準型プリウス

フロント&リヤのデザインは専用となり、特にフルLEDランプ、ダブルバブルウインドーを持つカーボン製のテールゲートなど、エクステリアをパッと見るだけで標準型プリウスとの違いは一目瞭然。

ヘッドランプ、グリルなどコストのかかった凝ったデザイン
ヘッドランプ、グリルなどコストのかかった凝ったデザイン

試乗中、標準型プリウスとすれ違ったのだが、あの賛否両論あるアグレッシブなスタイルが一気にフツーに見えたのも本当だ(特にリヤビュー)。

ダブルバブルウインドーがカッコいい
ダブルバブルウインドーがカッコいい

途端に地味に見える標準型プリウス
途端に地味に見える標準型プリウス

ちなみに4代目プリウスの本当の姿はこちら。先に標準型プリウスを出すにあたり、LEDやカーボン製テールゲートなど、コストがかかりすぎることから、あのカタチになった・・・というわけだ。よーく見ると、より伸びやかに見えるフロントフェンダー、ボンネット見切り線まで別物なのである。

新型PHVのフロントフェンダー、ボンネットの見切り線まで別もの
新型PHVのフロントフェンダー、ボンネットの見切り線まで別もの

標準型プリウス
標準型プリウス

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。