人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

発売当時話題になったドコモの携帯電話とPHS一体型端末『ドッチーモ』

2018.03.10

この様に、当時のユーザーは、価格や機能をかしこく選択しながら、それぞれの通信サービスを上手に利用していたのですが、

筆者の知人は、なんと「1台で携帯電話&PHS」がOKな機種を、当時購入したというのです。

その機種とは「ドッチーモ」 。

なんと1台で、携帯電話端末(ムーバ:かつてNTTドコモが、LTEの前のFOMAのサービスの、更に前に提供していた通信サービス)としても、PHS端末としても、「ドッチーモ(どちらにも)」使える機種です。

冗談みたいな名前の商品ですが、実際に、「シャープ」から販売された機種です。

携帯電話とPHS一体型端末「ドッチーモ」はどんな時に便利だった?
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/thumb/a/a7/SH821i_01.jpg/500px-SH821i_01.jpg

基本的に、「ドッチーモ」では、携帯電話(ムーバ)とドコモのPHS、それぞれの通話の契約を行います。

契約後は、1台の端末に、携帯電話(ムーバ)の「090-」と、PHSの「070-」の二つの電話番号が割り振られて、同時に待ち受けが可能となります。片方の回線の待ち受けを切って使用する事も可能です。発信の際は、携帯かPHS、どちらかを選んで発信します。

んな「ドッチーモ」は、いわゆる、「携帯端末2台持ち」ユーザーが、持ち運びの省力化を図るには絶好の機種だった訳ですが…。

携帯電話とPHS一体型端末「ドッチーモ」はどんな時に便利だった?

さて、「携帯端末2台持ち」ユーザーがいたこの時代、なぜこの時期に、彼が、携帯電話とPHSを別々持つ事をせずに、わざわざ「ドッチーモ」を購入しなければならなかったのでしょうか、その理由とは一体なんだったのでしょうか…。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。