人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.03.12

SNSの普及でプロ野球ファンの情報入手ルートはどう変わったか?

いよいよ本日3月7日から侍ジャパンが出場するワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンドが始まり、3月31日にはプロ野球のセ・パ両リーグが開幕する。そこでスカパー!では、全国のプロ野球ファンが日本のプロ野球に対してどのような思いを持っているのか、また、2017年シーズンに対し、どのような期待を持っているのかを把握するため、「プロ野球に関する調査2017」を全国の20歳~79歳のプロ野球ファン1000名に対し、インターネット調査により実施した。(調査協力会社:ネットエイジア)

◆シーズン中に「テレビのプロ野球中継」を見ることがある ファンの8割

まず、全国の20歳~79歳のプロ野球ファン1000名(全回答者)に、シーズン中に、≪テレビのプロ野球中継≫をどのくらい見ることがあるか聞いたところ、「よく見る」が32.5%、「ときどき見る」が48.2%で、見ることがあるプロ野球ファンは80.7%となった。また、インターネットのプロ野球速報やオンデマンドプロ野球中継についても、シーズン中に見るというファンの割合をみると、≪インターネットのプロ野球速報≫は45.4%、≪オンデマンドプロ野球中継≫は13.0%だった。今シーズンのプロ野球中継を楽しみにしているファンは多そうだ。

◆「プロ野球中継をもっと増やしてほしい」ファンの約半数、「プロ野球中継は試合終了まで」ファンの4人に3人

次に、プロ野球中継に対する思いを聞いたところ、≪プロ野球中継を、もっと増やしてほしい≫では、『そう思う』(「非常に」と「やや」の合計)が47.4%、≪プロ野球中継は、試合終了まで放送してほしい≫では、『そう思う』が76.6%となった。プロ野球ファンの半数近くがもっとプロ野球中継を増やしてほしいと考えていることがわかった。また、時間が来たら終了ではなく、放送時間を延長し、試合終了まで見たいと思っているファンが多いことも明らかになった。

◆ソーシャルメディアでプロ野球関連の情報を入手しているファン 20代では4割以上、70代でも約2割

ソーシャルメディア(FacebookやTwitterなど)での、プロ野球情報の入手(試合結果、球団・選手情報、ファン同士の交流など)についても伺った。まず、全回答者(1000名)に、ソーシャルメディアでプロ野球関連の情報を得ることはあるか聞いたところ、「ある」が26.2%、「ない」が73.8%になった。男女別にみると、男性では「ある」が30.4%、女性では「ある」が22.0%と、男性ファンのほうが、プロ野球関連の情報を得るためにソーシャルメディアを活用しているようだ。世代別にみると、20代では「ある」が43.4%と4割以上になった。ソーシャルメディアを使って、プロ野球情報を得ている20代のプロ野球ファンは少なくないようだ。また、70代のプロ野球ファンでも17.5%が「ある」と回答した。ソーシャルメディアを使って、積極的にプロ野球の情報を入手しているシニアのプロ野球ファンもいるようだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。