人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.25

不倫する人は増えている?経験、頻度、目的、日本人のリアルな性事情

ここ数年、何かと世間を騒がせている著名人の不倫問題だが、実際に不倫経験者は増えているのだろうか。ジェクスが以前、一般社団法人日本家族計画研究センターに依頼し、日本家族計画協会・北村邦夫先生監修の元、“性”に関する大規模実態調査を実施したところ(回答者数5000人を越える“性”の大規模実態調査。2016年10月、全国の満20歳から69歳までの男女を対象としてネットを活かした、本音に迫る調査を実施。47都道府県から均一にサンプルを収集し、回収されたサンプルを実際の人口構成比に合わせて集計する「ウエイトバック法」で全国データとして分析したもの)、一般人でも不倫をしたことがあると回答したのは男性が37.0%、女性が24.4%、という結果になった。

■日本人のセックス経験・頻度・目的の現状

30代のセックス経験率は、男性81.3%、女性87.2%。セックス経験者の中でも、この1年間全くセックスしていないと回答した人は男性36.8%、女性:45.2%と、日本の消極的な現状と、男女で異なる目的の違いを明らかにした。

■不倫経験者が増えている?明らかになった日本の性事情!

一昨年流行語大賞のノミネートや、昨年の漢字のトップ10に「不」と「倫」の文字が入るなど、何かと世間を騒がせた不倫問題だが芸能界のみならず、一般人でも不倫をしたことがあると回答したのは男性:37.0%、女性:24.4%、現在不倫をしていると回答した人は、男性:13.2%、女性:7.0%との結果になった。

■時代と供に変化を遂げるマスターベーションとは?

マスターベーションの際に使用するオカズ、男性は「アダルト動画(実写)」が最も多く、女性全体では半数以上が「特にない」と回答しているが、世代で顕著な違いや変化が見てとれる。女性のマスターベーションは年々増加傾向にある。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ