人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.03.10

歓送迎会シーズン到来!段取力ゼロの幹事がやりがちな失敗

■連載/おおしまりえの女ゴコロ研究所

飲み会シーズン到来!飲段取りが悪い男がやりがちな落とし穴

3月は歓送迎会シーズン。会社の仲間や友達同士の集まりはもちろん、デートで飲みにいく機会も増えるかもしれません。そんなとき目につくのが、ズバリ段取り力です。

社会人なったばかりなら、たどたどしいのもまだ許せますが、なかには10年以上勤め人をしている人でも、びっくりするような段取り力を発揮する人はいるものです。

今回はデートや宴会の際に見かけたびっくり段取り男子について、報告例をご紹介します。

■スピード力>ヒアリング力がもたらした悲劇

「デキる人は仕事が早い」。多くの自己啓発書に書かれていることですが、飲み会の段取りについてもそりゃあ早いにこしたことはありません。

しかし、早く予約を取った結果、大事な「ヒアリング」を忘れている人もいるようです。

「以前デートした男性が、まさにスピーディーだけど相手無視のタイプでした。日にちと場所と夜ということだけ決めたと思ったら、次のメールで「このお店を19時に予約しました」と連絡が。普通「食べたいものある?」とか「何時なら平気」みたいな確認があってしかるべきですよね?びっくりして突っ込むことすらできませんでした。ちなみに19時は無理だったので20時に変更してもらいましたが、本来なら発生しない手間ですよね」(30歳・営業)

「会社の同期が取引先との親睦会の段取りでやらかしました。双方のメンバーで今度の打ち合わせあとに飲もうと話が出たら、幹事の男性がなんの断りもなくどちらの会社の近くでもない飲み屋を予約。理由は人気店だからだそうですが、ちょっと確認をしてから取ってもいいんじゃ…と、内心全員が思っていました」(28歳・企画)

どちらも予約変更という無駄な手間を要したこの話。仕事が早いのは素晴らしいけど、「ヒアリング」という大事な部分が抜け落ちていないかは、気をつけなくてはいけませんね。

飲み会シーズン到来!飲段取りが悪い男がやりがちな落とし穴

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。