人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.09

ソニーのヘッドホン『MDR-XB950N1』に搭載されたフルオートAIノイズキャンセリングのお手並み拝見

SONY『MDR-XB950N1』

最近、モバイル環境では、ヘッドホンよりもかさばらないイヤホンを使うことが多い。ヘッドホンの優れている点は装着感がよく長時間でも疲れにくい、そしてノイズキャンセリング機能が抜群にいいことだ。なので長時間の列車や航空機での移動の際はノイキャン搭載のヘッドホンが欠かせない。

定番はBoseだが、私が注目するのはSONYのフルオートAIノイズキャンセリング機能である。ヘッドホンが周囲の音を分析して、3つのノイズキャンセリングモードから最適なモードを自動選択、周囲の騒音の変化に対応してモードを変更するので、常に最適な効果が得られるのだ。『MDR-XB950N1』には、この機能が搭載されている。それだけでも買いなのだが、専用アンプを使ったエレクトロ・ベース・ブースターによって重低音をプラスマイナス10段階で調整できる。この調整に使うのが「Headphones Connect」と呼ばれる専用アプリで、サラウンドエフェクト、クリアベース(重低音)とノイズキャンセリングのON/OFFを操作できる。

SONY『MDR-XB950N1』
ヘッドホンは折りたたみ式で付属のソフトケースに収納できる

SONY『MDR-XB950N1』
耳元のボタンでノイズキャンセリング機能のON/OFF、音楽の再生/停止、音量調整やスマートフォンの着信、通話、終了、音声アシスタント機能の起動にも対応する。

SONY『MDR-XB950N1』
カラーはカーキ色を少し明るくしたようなグリーン。

SONY『MDR-XB950N1』
そしてマイカが入ったような明るめのブラックの2色がある。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ