人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.03.11

3月からでは遅すぎる?みんなが花粉症対策を始める時期

マイボイスコムは、9回目となる『花粉症』に関するインターネット調査を2月1日~5日に実施。1万1451件の回答を集めた。

◆花粉症の発症状況

現在花粉症の人は33.6%。これに「以前花粉症だったが、現在は症状がおさまっている」を合わせ、花粉症経験者は45.4%。関東・中部では、花粉症経験者が各5割、現在花粉症の人が4割弱で他の地域より比率が高くなっている。一方、北海道・九州では、花粉症経験者が各3割と低い傾向に。

◆花粉症で悩まされる症状

花粉症の人が悩まされる症状は、「鼻水が出る」「目がかゆくなる」が7~8割、「くしゃみが出る」「鼻がつまる」が5~6割で上位にあがっている。「鼻をかみすぎて鼻の下が痛い」「のどがかゆい、イガイガする」「頭がぼーっとする」は、女性が男性を10ポイント以上上回る。重度の花粉症の人では、「鼻水が出る」「目がかゆくなる」に続いて「鼻がつまる」が多くなっている。

◆花粉症の予防・対処をし始める時期

花粉症の予防・対処をし始める時期は、「3月」(55.4%)が最も多くなっている。北海道では「4月」「5月」、関東では「2月」が多い傾向。重度の花粉症の人では、「2月」が最も多くなっている。

◆花粉症の予防・対処法として利用するもの

花粉症の人が予防・対策として利用するものは、「マスク」(54.3%)が最も多く、「医師の処方薬、注射」「市販の目薬」「市販の飲み薬」が各3割で続く。「マスク」は、女性20代以上では6割強となっている。重度の花粉症の人では、「医師の処方薬、注射」が6割弱みられる。

◆花粉症対策としてマスクを購入する際の重視点

花粉症対策としてマスクを購入際に重視する点は、「価格」「使い捨てである」がマスク利用者の6~7割、「内容量(枚数)」「フィット感」「大きさ」「長時間装着しても耳が痛くならない」が3~4割で上位にあがっている。「使い捨てである」「大きさ」は、女性が男性を約13~14ポイント上回る。「価格」「内容量(枚数)」は20~40代、「フィット感」「長時間装着しても耳が痛くならない」は50代以上で比率が高い傾向。

◆花粉症の症状を軽減するために気をつけていること・予防として行なっていること(全4424件)一部抜粋

『かなり重い花粉症』
・ひどいときには外に出ない、洗濯ものはすべて室内干し。(女性59歳)
・シーズンが始まる少し前から、薬を飲み始めて、毎日欠かさず飲む。(男性42歳)
・外出後、家に入る前に頭から靴まで手で花粉や埃を払う。室内に入って上着はしばらく玄関にハンガー干しする。帰宅後はすぐに部屋着にきがえる。(女性51歳)

『軽度・治まっている』
・一度発症してしまうとしんどいので、花粉症が流行ってくる頃になると早めにマスクをして症状が出るのを遅らせる。(女性31歳)
・部屋の中は一年中、空気清浄機、加湿器をつけている。(女性27歳)
・帰宅時、身体(衣服)をバサバサと払ってから家に入る。うがい・手洗いをまめに行う。症状が悪化する前に市販薬で軽減する。(男性49歳)

『花粉症ではない・わからない』
・こまめに掃除をし、ホコリを溜めない様にする事です。(男性54歳)
・花粉症ではないのでわからないけれど、常にマスクはしている。(女性44歳)

【調査対象】「MyVoice」のアンケートモニター
【調査方法】インターネット調査(ネットリサーチ)
【調査時期】2017年2月1日~2月05日     
【回答者数】1万1451名

文/編集部

 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。