人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.11

愛妻家に聞く夜の営みの頻度、月1〜5回が最多

 自分のことを愛妻家だと自負している既婚男性はどれくらいいるのだろうか。クリエイティブサーベイが以前、20〜50代の(子ども1人以上がいる)男性600名を対象にインターネットによる「愛妻の日に関する意識調査」を実施したところ、愛妻家と自負している男性の約75%の人が妻も自分のことを「愛している」と実感していることがわかった。

 また、愛妻家の自宅での妻の呼び方は「妻の下の名前で呼ぶ」が一番多く54%と過半数以上であることわかった。また、愛妻家でない人は「妻の下の名前で呼ぶ」が39%となり、愛妻家と愛妻家でない人で差がある結果となった。

■愛妻家が妻の為ために、気にかけていることの1位は「トイレに座ってする」

 愛妻家が普段の行動の中で、妻に対して気を付けていることは「トイレに座ってする」が一番多い結果になった。次いで「休日一緒に出かける計画をする」「家事を極力手伝う」といった結果となっている。また、「スキンシップをとる」「感謝の気持ちを口頭で伝える」という質問では、愛妻家は31%に対し、愛妻家でない人は15%と半分に留まった。

愛妻家に関する自主調査

■愛妻家の約75%上の人が、妻も自分のことを「愛している」と実感

 愛妻家に「妻はあなたを愛していると思いますか?」という質問をしたところ約75%が 「愛している」と回答。一方、愛妻家でない人は妻に愛されている実感がある人は約40%と、愛妻家との大きな差がある結果となった。夜の営みに対する問いでは、愛妻家は「1〜5回」が48%で一番回答数が多く、愛妻家でない人は「0回」が一番多く57%と、妻への愛情の高さに応じて、夜の営みの回数も変化することがわかった。

愛妻家に関する自主調査

■40代以降から妻以外の女性との経験が増加傾向に

 結婚してから妻以外の女性との身体関係についての質問では、愛妻家の20代と30代男性では「経験がある」と回答した人が13%に対して、40代男性が25%(12%増加)、50代男性が35%と、40代を境に増加傾向がある結果になった。一方、愛妻家でない人は、20代が15%、30代が27%(12%増加)、40代が39%、50代が50.70%と30代を境に増加傾向にあることがわかった。

愛妻家に関する自主調査

■愛妻家は10年後も約70%の人が、「愛妻家」であると思っている

 10年後も愛妻家であるかどうかという質問に対しては、愛妻家の7割が「そうだと思う」と回答し、一方で、愛妻家でない人は「そうだと思う」が3割、「わからない」が4割、「違うと思う」が3割以上という結果になった。

愛妻家に関する自主調査

 今回の調査で20代〜50代男性の「愛妻の日」の認知率は低いものの、愛妻家の認識がある人は、妻からも愛されていると実感し、そのため10年後も愛妻家でいられる自信があるということが明らかになった。

<調査概要>
対象エリア:全国
対象者:20代〜50代の(子どもが1人以上いる)既婚男性(有効回答数)愛妻家と回答した300人/愛妻家ではないと回答した300人
調査期間:2016年1月
調査方法 :インターネット調査

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ