人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新たなファミリーが誕生!ランドローバーが『RANGE ROVER VELAR』を公開

2017.03.08

白紙の状態からつくられた全く新しい『RANGE ROVER VELAR』は、ジャガー・ランドローバーの軽量アルミニウム構造を採用しており、より安全で強靭、かつクリーンである上に、ドライビング・パフォーマンスも向上。そして、「RANGE ROVER」のイノベーション精神を受け継ぎながら、先端技術を搭載しており、魅力的なデザインと、細部への徹底的なこだわりをも兼ね備えている。

ジャガー・ランドローバーのコネクテッドカー&フューチャー・テクノロジー担当ディレクターであるピーター・ヴァーク氏は、次のように述べている。 「『RANGE ROVER VELAR』に搭載されている2つの高解像度な10インチのタッチスクリーンは、世界へと通じる窓となるでしょう。コネクテッドなインフォテインメント・システム『Touch Pro Duo』が、お客様のニーズを予測し、望むものを適切なタイミングで提供します。しかも、ドライビングの楽しさを損なうことなく、まるで有能な執事やデジタル・パーソナル・アシスタントのように、日常生活からストレスを取り除いてくれます」

高度なコンシューマー・テクノロジーの一例として、今後のトレンドを担う最先端の素材の採用が挙げられるだろう。このクラスでは珍しく、シート素材として、レザーの代わりに持続可能な高級テキスタイルを使用。スエードクロス・インサートをあしらったダップルグレーの素材は、欧州の大手高級デザイン・テキスタイル・メーカーであるKvadrat社と共同で開発したものだ。

また、『RANGE ROVER VELAR』の現代的なデザインを構成する要として、フルマトリックス・レーザーLEDヘッドライト、ランドローバー史上最もスレンダーな形状、デプロイアブル・ドアハンドル、バーニッシュトコッパー色の塗装を施したフロントバンパー・ブレードとフェンダーベントが挙げられる。 さらに、高性能な四輪独立懸架式サスペンション・システムを搭載することで、快適性とコントロール性能、そして洗練性を、他に類を見ない高いレベルで実現した。発表時は、クリーンでレスポンスのよい180PSの2.0リッターINGENIUM(インジニウム)ディーゼル・エンジンから、380PSの3.0リッターV6スーパーチャージド・ガソリン・エンジンに至るまで、5種類のエンジンをラインアップしているが、2017年後半には、さらに300PSのINGENIUMガソリン・エンジンも追加される予定だ。

ジャガー・ランドローバーは、英国自動車産業を今後も推進するべく、「RANGE ROVER VELAR」を英国内ミッドランド州にあるソリハル工場でのみ生産することも発表した。

関連情報

http://www.landrover.co.jp

文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。