人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.03.06

実施率、参加希望、参加割合、職場の飲み会の三冠王は歓送迎会ではなく忘年会

リクルートライフスタイルの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、職場の飲み会についてのアンケートを実施した。

■職場の飲み会、ポジティブなイメージ1位は「普段会話しない人と会話できる」

忘新年会や歓送迎会など職場の飲み会のイメージと参加実態をアンケート調査し、全体(非就業者も含む)に職場の飲み会のイメージを聞いた。ポジティブなイメージとしては「普段会話しない人と会話できる」が最多の37.8%、逆にネガティブなイメージとしては「気を遣い、くつろげない」が最多の38.7%を獲得した。ポジティブなイメージの2位は「職場の雰囲気が良くなる(30.0%)」、3位は「上司、同僚、部下の人物理解が進む(27.9%)」が続く。ネガティブなイメージでは「かえってストレスがたまる(28.9%)」、「プライベートな時間が削られる(25.2%)」が2位・3位に続いた。男性50代・60代ではネガティブイメージの数値が比較的低めで、逆に女性20代・30代では、ネガティブイメージの数値が高めに出ている。

■男性では全年代、女性は40代・50代・60代で「ポジティブ」なイメージが優勢

職場の飲み会について、ポジティブなイメージの選択肢とネガティブなイメージの選択肢をどのように選んだかをまとめたのが下の図表。一つ以上の選択肢を選んだ人の割合を出すと、多くの性年代でポジティブなイメージ・計がネガティブなイメージ・計よりも割合が高いという結果であった。傾向として、男性より女性でポジティブ・ネガティブ両方のイメージを選択した割合が高めだった。また、女性20代・30代だけが、ネガティブなイメージ・計がポジティブなイメージ・計を上回った。近年プライベートを重視する風潮が強いが、職場の飲み会にポジティブなイメージをする人がまだまだ多い、という結果であった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。