人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.08

平均月収は4万円超!20代社会人に聞く副業の実態

社員の副業を認める企業が増えているが、実際に、副業をやっている人はどれくらい稼いでいるのだろうか。既卒・フリーター・第二新卒といった、20代若手に特化した人材紹介事業を運営するUZUZが以前、20代の第二新卒・既卒として就職活動経験のある男女を対象に「副業・兼業に関する意識調査」を行ない、これまでに副業・兼業の経験があるかどうかを尋ねたところ、「副業・兼業を経験したことがある(13.6%)」「副業・兼業を経験したことがない(86.4%)」と、8割以上が副業・兼業未経験だということがわかった。

「副業・兼業を経験したことがある」と回答した人に、当時就業中の会社では副業・兼業が許可されていたかどうかを尋ねたところ、「許可されていなかった(55.6%)」と、半数以上の会社で副業・兼業が禁止されていたという結果に。今後、政府が副業・兼業を「原則容認」に転換した場合、現在は禁止しているが容認に転換する企業はもっと増えていくのだろうか。

また、副業・兼業での収入については、女性全員が「5万円未満」と回答。男性は「5万円以上10万円未満(14.3%)」「20万円以上(14.3%)」との回答が一定数あることから、副業・兼業により注力しているのは男性の方が多いのかもしれない。男女全体でみてみると、最大月収額は「20万円」との回答もあったものの、「4万1000円」が平均月収額ということがわかった。

第二新卒・既卒として就職活動経験のある20代に、今後会社に勤めながら副業・兼業をしてみたいと思うか尋ねたところ、「してみたいと思う(68.5%)」「してみたいと思わない(31.5%)」と、約3人に2人が副業・兼業に興味を持っていることがわかった。

また、「してみたいと思う」と回答した人にその理由を尋ねたところ、「収入を増やすため(男性31.0%、女性36.9%)」という回答に次いで、「趣味を仕事にしたいため(男性18.6%、女性23.1%)」「本業以外のスキルを身に付けるため(男性12.4%、女性16.9%)」の回答が多くを占めた。男女間で最も大きな差が出た回答が「人脈をつくるため(男性12.4%、女性3.1%)」であったことから、男性は副業・兼業を自身の人脈を広げるための手段として考えている人が多いようだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ