人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.03.06

売り手市場は今年も継続か、新卒採用予定企業7年連続で増加

2018 年卒の採用戦線がいよいよスタートする。近年、企業の採用意欲は高く、学生優位の「売り手 市場」は今年も続くと見られている。そんな中、企業の採用方針や施策について最新の状況を知るため、ディスコは全国の主要企業1万8058社を対象に、2018年卒者の採用方針について調査を実施した。

 

■2018年3月卒業予定者の採用見込み

2018年3月卒業予定者の採用見込みについて尋ねたところ、前の年(今春入社予定者)よりも採用を「増加」すると回答した企業が29.3%であるのに対し、「減少」は7.9%。「増加」が「減少」を20 ポイント以上、上回っている。企業の採用見込みは、リーマン・ショック後の2011年卒採用を底に増加傾向が続いているが、来春に関しても引き続き堅調ぶりが表れているようだ。従業員規模別に見ると、いずれの規模も「増加」が「減少」を大幅に上回るが、従業員1000人以上の大手企業において3割超(31.1%)が増加と回答。来期についても大手企業に牽引されるかたちで採用数が増える見込み。業界別では、いずれも前年より「増加」が「減少」を上回っているが、前年同様「IT」「サービス業」で「増加」と回答した企業の割合が高い。採用見込みを属性(学歴)別に見ても、すべての属性で増加傾向が見られ、中でも大卒理系において増加を予定する企業が多いのが目立つ。

■採用活動のスタンス

2018年卒採用のスタンスについては、「採用予定人数の確保よりも、学生の質を優先」という企業が80.0%と依然大勢を占める。しかし、「学生の質よりも、採用予定人数の確保を優先」させる企業が20.0%と、前年調査(18.9%)より1.1 ポイント増え、1997 年に当項目を調査開始以降、初めて2割台をマークした。売り手市場になると「質優先」の数字は下がる傾向にあり、今回で7 年連続の低下。人材獲得競争の過熱ぶりが表れている。

■採用活動の開始予定時期

2017年卒と同じ日程ルール(3月採用広報解禁、6月選考解禁)で行われる2018年卒採用だが、企業の採用活動時期に変化は見られるだろうか。自社セミナー・説明会の開始は、3月上旬から中旬に集中しており、特に3月中旬(27.3%)は前年より6.1 ポイント増加。前年3 月下旬以降に開始していた企業が、早めるものと見られる。エントリーシート受付開始は、約半数(49.3%)の企業が3 月上旬と回答。前年より大幅に増加し(14ポイント増)、採用広報解禁直後の3月上旬への集中度合いがいっそう高まる見込みだ。なお、エントリーシートの結果通知開始は3月下旬が最も多く(17.0%)、3月末までに結果通知を開始する企業は過半数に上る(51.9%)。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。