人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.23

見せたほうが得!?肌露出ファッションの目に見えない効果

 文明社会の中で“裸族”でいることはできないが、それでも身体の露出度が高い傾向にある人々は存在する。これは個別の文化が持っている特性のなのか、それとも個人に帰する性向なのだろうか。

■唐突に全裸での利用が禁じられた市営体育館

 欧米にはナチュリスト(Naturist)と呼ばれる人々がいる。裸体主義者と訳され、可能な状況下ではなるべく裸で過ごそうとする人々のことであるが、ちょっと前に、米・カリフォルニア州ハンティントンビーチの体育館とプールで、これまでは何ら問題がなかったナチュリストたちの利用が禁じられることになった。

 地元のナチュリストのグループは2007年からこの市営体育館を定期的に借りており、全裸でバスケットボールやバレーボール、水泳を楽しんでいたのだが、突然予約を取ることができなくなったという。市が公共のレクリエーション施設で全裸になることを改めて禁じたのだが、その主な理由は他の施設利用者のためというよりは、現場職員の作業に支障をきたすことにあったようだ。

 ある職員はこれまでずっとこのナチュリストのグループが施設を利用することに不満を漏らしており、今回ようやくその職員の声が市の法律顧問の耳に入ったことで、「体育館とプールの利用は着衣の者に限る」という規則が書き加えられたのだ。

見せたほうが得!?肌露出ファッションの効能
Los Angeles Times」より

 しかしこれまで8年間もの間恒例になっていた集会が急に禁止されたことに、このナチュリストのグループ約15名は市議会に対して撤回を要求。これまでの集会では常に体育館とプールの窓を覆って使用しており、他の利用者からは見えない処置を施していたことも併せて主張している。

「社会に対し尊敬の念を持ち遵法精神のあるナチュリストである我々が今、ハンティントンビーチの市議会で取りあげられ、歓迎されない存在になったことを、我々のすべてのメンバーと支持者が知るところとなりとても残念です」と南カリフォルニア・ナチュリスト協会会長のロルフ・ホルバック氏は「Los Angeles Times」に対して語っている。

 この一件には、ハンティントンビーチ市の法律顧問が最近交代したという事情もあったようだ。ナチュリストのグループの体育館利用が許されていたのは、前法律顧問の間だけの例外的なことであると、市政担当官のフレッド・ウィルソン氏は述べている。しかし市議会ではこの問題をこれまで議題に上げたことはなかったということだ。もし今回のナチュリストグループの申し出を受けて市議会で話し合われた暁には、はたしてどのような見解が示されるのだろうか。

 アメリカには全国規模のヌーディスト組織(American Association for Nude Recreation)があり、そのメンバーは3万人にも及んでいる。1931年創立と歴史も深く、現在200ものナチュリストが利用可能な施設と提携を結んでいるということだ。したがって今回のハンティントンビーチのナチュリストグループも集会に利用できる施設が他にないわけではないだろう。やはり問題は、市営体育館という公共施設でナチュリストの行為が認められるのかどうかだろうか。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。