人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.03.03

隠れた名所・旧跡を発見しよう!Pokémon GOが自治体と共同で周遊マップを公開

Niantic, Inc.およびポケモンは、iOS/Androidのモバイル端末向けの位置情報ゲームアプリ『Pokémon GO』に関する周遊マップの作成において、観光振興や地域活性を目指す地方自治体と共同して取り組むことを発表。周遊マップの作成を希望する自治体に対して、それに関する公認素材、マップテンプレート、利用ガイドラインを無償で提供していく。

今回の発表は、昨年の8月に発表した岩手県、宮城県、福島県、熊本県の被災4県、そして京都府との観光振興連携の取り組みの一環であり、周遊マップの取組みは、『Pokémon GO』の理念である”Adventures on Foot(歩いて冒険する)”と合致するもの。今回の発表に伴い、京都府と福島県は、全国で初めて『Pokémon GO』と連携して周遊マップを公開する。福島県は須賀川市のマップをオンライン上で公開することを皮切りに、県内39市町村(須賀川市を含む)で展開予定。京都府は宮津市(天橋立)のマップを3月頃に配布する予定だ。

また同社では、これらの地域の状況に合わせて、現実世界と連動したゲーム上の拠点である「ポケストップ」や「ジム」を、新たに増設することにより、より自治体が活用しやすい環境の整備にも取り組むとコメントしている。

『Pokémon GO』には、道具を入手する「ポケストップ」や、ほかのプレーヤーのポケモンとバトルする「ジム」という拠点が、現実世界の名所旧跡や有名なモニュメントなどに設定されている。プレーヤーは、実際にこれらの拠点を巡ることでゲームを進めるため、プレーヤー自らが足をのばし、隠れた名所・旧跡を「発見」することで、地域の歴史や特色、普段は見過ごされてしまうような街の魅力に触れることができるはずだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。