人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.03.03

JBLから4K Ultra-HDパススルーに対応した2.1chホームシアターシステム『CINEMA SB450』が発売

ハーマンインターナショナルは世界最大級のオーディオブランド「JBL」が開発した2.1chホームシアターシステム、『CINEMA SB450』を3月3日より発売する。『CINEMA SB450』は、世界中の映画館やコンサートホールで使用されているJBLの音響テクノロジーを搭載。圧倒的な迫力と臨場感のバーチャルサラウンドを最大出力440Wのパワーでドライブしていく。価格はオープン価格。HARMAN公式通販価格は5万9880円(税別)。

主な特徴としては、まず4K Ultra-HDパススルーに対応。4Kテレビなどと組み合わせることで、Ultra-HDのBlu-rayソフトに記録される映像と音声を最上位フォーマットのまま入力・再生することができ、クリアで迫力のある映像と音を楽しめる。そして臨場感と迫力あるサウンドを生み出す、独自の 「HARMAN Display Surround」を搭載。映画館やコンサートホールで活躍するJBLのサウンドクオリティを、包み込まれるようなバーチャルサラウンドによって体感できるはずだ。

Bluetoothに対応しているため、スマートホン、PC、タブレットなどの対応デバイスを簡単に接続が可能。さらにHDMIだけでなく、光ケーブルデジタル音声入力端子を装備しているため、TVとの接続はHDMIの相性を心配することなく接続できる。また、接続もケーブル1本をつなぐだけで接続が可能なため、面倒な設定も不要だ(アナログケーブルにも対応)。

8インチ(200mm)200Wのワイヤレス・サブウーハーとサウンドバーはワイヤレス接続のため、好みの場所にセッティングが可能。 サブウーハーは薄型ラックにも収まりやすい幅32cm、高さ35.5cm、奥行32cmのコンパクトサイズで、置き場を選ばずすっきりと設置できる。サウンドバーは、TVの前にスマートに設置できるだけでなく、付属の壁掛け用金具を使うことで、環境に合わせてより多彩な配置に対応する。

外形寸法はサウンドバー:幅1100×高さ97×奥行き76mm、3.4kg。サブウーハー:幅320×高さ355.5×奥行き320mm、9.5kg。使用ユニットはサウンドバー:58mm径ミッドレンジドライバー×4、32mm径ツイーター×2。サブウーハー:200mm径ウーハードライバー×1。音声入力はHDMI(ARC)×1、HDMI×3、Bluetooth×1、光デジタル×1、アナログ×1。周波数特性は40Hz〜20kHz。Bluetoothはバージョン3.0。

■詳細な機能は動画をチェック

 

製品情報

http://jbl.harman-japan.co.jp/product.php?id=cinema-sb450

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。