人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.09

今年はどこへ行く?1000人に聞く花見に出かける理由

そろそろ花見の計画を立てたり、準備をしたりしている人も多いのではないだろうか。楽天リサーチが以前「花見に関する調査」をインターネットで実施したところ、花見に出かける理由が明らかになった。

 

花見をする予定と回答した人に、どこで花見をする予定かを聞いたところ、「居住地近辺」が74.5%と最も高く、「日帰りで行ける場所(39.4%)」がそれに続いた。「宿泊を含めた遠隔地」については7.6%であり、少数派となった。

■一緒に行く同伴者、理想と現実で差が出る結果に

花見に現実として誰と行く予定かを聞いたところ、「家族(71.7%)」が最も高く、続いて「友達(32.3%)」、「勤め先の会社の同僚・先輩・上司(14.7%)」、「恋人(10.1%)」という結果となった。「一人」という回答は7.3%と少数にとどまった。年代別に見ると、20代では他の年代に比べて「家族」ではなく「恋人」、「友達」という回答の割合が高く、年代による同伴者の違いが浮き彫りになった。

続いて、理想の同伴者について聞いたところ、「恋人」と「勤め先の会社の同僚・先輩・上司」という2項目において理想と現実の差が見られた。「恋人」に関しては理想のほうが高く(理想:19.3%、現実:10.1%)、「勤め先の会社の同僚・先輩・上司」については逆に現実のほうが高い結果となった(理想:9.2%、現実:14.7%)。

■花見における1人あたりの予算は平均2118円。昨年から大きな変化は見られない

花見における1人あたりの見込み予算(複数の花見に参加する場合は1回あたりの平均予算)については、「1000円以上~2000円未満」が28.8%と最も高く、僅差で「2000円以上~3000円未満(28.5%)」が続いた。平均額を性別で見ると、416円の差で男性の平均予算が高くなっており(男性:2326円、女性:1910円)、年代別では60代が2414円と、全体平均の2118円に296円の差をつけて最も高い金額となった。また、昨年と比較して予算額に変化があるかを聞いたところ、「昨年と同水準(73.9%)」が大半を占めており、変動はあまり見られなかった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ