人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.03.03

社会的課題の解決を図ろうとしている印象のある企業TOP10

メンバーズは、消費者の購買志向の変化を探るため、一般消費者向け商品・サービス販売を行なう全63社のユーザーに対し、Webアンケート調査「エンゲージメント・サーベイ」を実施した。

■企業価値の訴求と消費者の行動

「その企業のビジョン・価値観や世界観、強い思いを感じるか」という質問に対し、ポジティブな回答をした層は、ネガティブな回答をした層に対して、商品・サービスの継続利用意向が27ポイント高く、他者への推奨意向も40ポイント高い結果となった。また、「その企業が社会的課題の解決を図ろうとする印象を感じるか」という質問に対し、ポジティブな回答をした層は、ネガティブな回答をした層に対して、商品・サービスの継続利用意向が27ポイント高く、他者への推奨意向も37ポイント高い結果となった。すなわち、消費者に企業価値を適切にメッセージングすることは、商品・サービスのリピート率向上と、他者への推奨による新規顧客の獲得機会増加が見込まれるため、マーケティング上有効な戦略であると考えられる。

 

 

「その企業が社会的課題の解決を図ろうとする印象を持つか」という質問に対し、全63社中、良品計画が最も高い評価を得た。

■企業価値の訴求に有効なメディア

「対象企業が発する情報源の内、最も影響を受ける企業のメディア(情報源)は何か」という質問に対し、Webサイト(公式ホームページ)という回答が最も多い結果となった。またWebサイト、テレビ、店舗の3回答で、全体に対し7割の回答率を占めた。

上記Webサイト(公式ホームページ)、テレビ、店舗のメディアと回答した消費者のうち「購買において企業の考え方や姿勢を重要視する」、または「社会的な課題の解決に関心がある」と回答した消費者は、Webサイトを利用すると回答した層に最も多い結果となった。以上の結果から、Webサイト上で企業の価値観や社会的課題への解決姿勢を発信することは、消費者の購買に繋がると予想される。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。