人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

LGBTをとりまく環境はどう変わったか?

2017.02.28

■<制服>に関する調査

男女の制服については特にトランスジェンダーの当事者にとって教育現場で最初に直面する問題。学校ごとに取り組んでいるところもあるが、本人の申し出がない限り対応していないのが通常。今回の調査結果では、「選べた方がいい」が46%、「男女別でもおかしくない」が43.5%とほぼ同数となり、大きく分かれる結果となった。

■総括

現在日本では、約12人に1人、約8.0%がLGBTに該当する(2016年LGBT総研調べ)と言われており、身近な問題になりつつある。最近では支援に動きだす企業や自治体なども増えており、少しずつLGBTに対する理解が進んでいるとの声もあがっている。<結婚><法律><教育><制服>というカテゴリーでは賛否含め多くの意見がある中、今回の調査対象である「非当事者」からは、これら制度改正について前向きな意見が多くあがった。一方で反対派の意見を見てみると、「LGBTは異常だから」「特に関心がない」「よく分からないから」など、理解や正しい認知がされていないことが原因の意見も見受けられた。2020年東京オリンピックに向けて、日本ではますますダイバーシティの実現に向けて動きが出てくることが考えられる。

【調査概要】
調査対象:全国10代〜60代までの性的少数者には該当しない男女322名
調査期間:2017年1月16日〜1月19日
調査方法:調査会社を利用してのインターネット調査

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。