人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.02.28

都会も似合うが自然の中にも深く溶け込むマセラティのラグジュアリーSUV『レヴァンテ』

■連載/金子浩久のEクルマ、Aクルマ

『レヴァンテ』は、マセラティ初のSUV。同ブランドの4ドアセダン『ギブリ』や『クワトロポルテ』などのスタイリングイメージを盛り込んで、車高を上げてファストバック化したボディは艶やかで、どこから見てもマセラティらしい。

都会も似合うが自然の中にも深く溶け込むマセラティのラグジュアリーSUV『レヴァンテ』 都会も似合うが自然の中にも深く溶け込むマセラティのラグジュアリーSUV『レヴァンテ』

都会も似合うが自然の中にも深く溶け込むマセラティのラグジュアリーSUV『レヴァンテ』

■機械として優れているか? ★★★★★(★5つが満点)

 走らせてもその通りで、パワフルでレスポンシブルなV6ターボエンジンとシャープなハンドリングはSUVというよりはスポーツセダンを運転しているようである。走行モードをノーマルからスポーツに切り替えると、エンジンとトランスミションはさらにスポーティーに変わる。サスペンションもスポーツに変更すれば、ワインディングロードでの身のこなしはより機敏かつダイレクトになる。

 と、ここまでなら、『ギブリ』の走りっぷりとそんなに変わらない。『レヴァンテ』には、その先がある。オフロードや雪を走るエンジンとトランスミッションの制御を備えたオフロードモードとエアサスペンションを装備しているのだ。エアサスペンションは凸凹路面をクリアするためのもので、ノーマルモードから車高を2段階上げることができる。

都会も似合うが自然の中にも深く溶け込むマセラティのラグジュアリーSUV『レヴァンテ』 都会も似合うが自然の中にも深く溶け込むマセラティのラグジュアリーSUV『レヴァンテ』

 これがあると行動範囲が一気に拡がってくる。大きな段差、凹凸の激しいところ、雪面など、普通の車高のクルマでは通れないところをも通過できる。反対に、高速道路や自動車専用道などを走る時には、スピードによって上げた車高を自動的に下がるようになっている。

 つまり、『レヴァンテ』は派手なイメージとは裏腹に、オフロード走行用の備えが万全で、そのレベルがとても高い。都会も似合うけど、自然の中に深く入っていけるのだ。世間でSUVと呼ばれるクルマは多いけれども、オフロードモードとエアサスペンションを備えたクルマの方が圧倒的に少ない。決して、カッコだけのSUVではないのだ。

都会も似合うが自然の中にも深く溶け込むマセラティのラグジュアリーSUV『レヴァンテ』

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。