人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.02.28

我が家に「ATOM」がやってくる!日本初の進化するキャラクター型コミュニケーションロボット登場

講談社と手塚プロダクション、NTTドコモ、富士ソフト、VAIOの5社は、来るべきAI時代に対応するために集結。日本の科学技術の象徴であり、長く人々から愛され、夢を与え続けてきた日本を代表するロボット・キャラクター「鉄腕アトム」の再現を目指し、「ATOMプロジェクト」をスタートさせた。

この「ATOM」は、発話して二足歩行が可能なうえ、クラウドで成長する「日本初の進化する本格的なキャラクター型コミュニケーション・ロボット」。プロジェクトの参加各社は、それぞれの強みを生かし鉄腕アトムの世界観をベースに、ロボットという新しいエンターテイメント・デバイスの可能性を開拓。発話コンテンツの研究・開発をあわせて進め、“一家に一台”の進化する家庭用ロボットの普及を目指していく、とコメントしている。

プロジェクト第一弾となる『コミュニケーション・ロボット 週刊 鉄腕アトムを作ろう!』では、手塚プロダクション監修により、鉄腕アトムを元にモデリングを行ったロボット=ATOMをユーザーが組み上げるパートワークを4月4日より発売する。ロボティクスおよび、ロボットに搭載するOSとAIを富士ソフトが設計開発。ハードウェアの信頼性でも、これまでにない高いレベルを目指したという。そしてATOM本体のAIはインターネット経由でNTTドコモの自然対話プラットフォームと接続。クラウド上での「成長する会話力」をNTTドコモと講談社の共同開発で実現する。

VAIOは、ATOM本体で使用している電気系統のメインボードなどの基板実装(製造)や「ATOM組み立て代行サービス」を担当。会話のもとになるシナリオモデルの作成、出版コンテンツの開発、全体の企画、プロデュース、販売は講談社が行ない、5社それぞれの強みを生かしてキャラクターロボット「ATOM」を作りあげていく。コミュニケーション・ロボット「ATOM」は、2018年9月に完成・誕生する予定だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。