人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.02.28

なぜ、SNSに投稿されたセレブの授乳写真は炎上したのか?

SNSに投稿されたセレブの“授乳写真”が炎上!?興味深い母乳の話題3選

 かつては小さな赤ちゃんを連れた母親が公共の場所で子どもに母乳を飲ませる光景がごく普通に見られというが、今の社会ではほとんど見かけることがなくなった。だがSNS全盛の今日、有名モデルの“授乳シーン”がInstagramに投稿されて話題になっているようだ。

■セレブの“授乳写真”に批判の声

 SNS時代を迎えた今日、ネット上ではユーザーのプライベート写真がおびただしく氾濫する事態を招いている。もちろん、公序良俗に反する画像は御法度ではあるが、普通なら当人とプライベートな関係のある者にしか目撃できないような種類の状況をとらえた写真も少なくない。先日には海外セレブの“授乳写真”が投稿されて話題を呼んでいる。

 富豪の娘でもあるイギリス人モデル、タマラ・エクレストン(32歳)が、豪邸のリビングのゴージャス過ぎるソファに腰かけ、抱きかかえた2歳の愛娘に授乳させながらカメラ目線で収まっている写真を先日、Instagramに投稿している。

SNSに投稿されたセレブの“授乳写真”が炎上!?興味深い母乳の話題3選
BBC」より

 セレブのゴージャスな暮らしぶりを垣間見せる写真であると共に、我が子への愛情が伝わってくるショットで、投稿コメントには「授乳は愛情と養育のための母なる力を宿した行為です。授乳はあえて隠す必要がないほど普通の行為なので、こうして(Instagramに)投稿しました」と書き込んでいる。

 母親として我が子に愛情を注ぐタマラの姿に、大半のフォロワーは好意を感じたというが、どういうわけか批判的な見解が多く寄せられたという。いったい何を根拠に批判しているのか?

・3歳近い子どもへの授乳
 タマラが授乳している愛娘・ソフィアはこの3月18日で3歳になる。2歳10ヵ月にもなる子どもへ授乳していることに、一部から批判の声があがっているのだ。

 ある者は母乳は生後6ヵ月で止めるべきと訴え、またある女性活動家は法律で母乳の授乳は満2歳までに定めるべきだという極端な主張をしている。この背景には出産後の女性の仕事復帰の問題があるのかもしれない。

 しかしながらWHO(世界保健機関)はなるべく長く母乳で育てることを推奨しており、ある栄養学の研究では2歳以降でも母乳を与え続けて良いとも指摘している。Instagramのコメント欄にはもちろんタマラを支持する声もあり、あるフォロワーの女性は我が子が4歳になるまで母乳を与えていたことを書き込んでいる。

・授乳行為を公開するのは不適切
 誰もが閲覧できるSNSで授乳の模様を公開するのは不適切だという声もあがっている。これはつまり公共の場での授乳の可否についての問題にもなるだろう。

 もちろん本国イギリスでは公共場所での授乳行為を母親の権利として認めているが、大きなデパートやレストランなどでは「授乳室」が設けられており、なるべく公衆の面前では授乳を行なわないで欲しいというメッセージを暗に伝えていることも一面の事実だ。ともあれ母乳問題は“炎上”するには条件が揃いすぎているのかもしれない!?

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。