人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

在宅勤務の実態は?悲喜こもごもをフリーランスに聞いてみた

2018.02.27

◎相手の顔が見えないからこそ“余計に気を遣う”という人間関係の煩わしさ

 時間の自由がある一方で、煩わしい人間関係に悩まされないというのも在宅勤務が「気楽である」というイメージに繋がっているのではないだろうか。しかし、会社勤務からフリーランスとなった30代女性のライター・Cさんは「初めは『人間関係に悩まされない』と思っていた」と振り返るが、「メールや電話でのやり取りがメインになり、相手の顔が見えないぶんよけいに気を遣ってしまう」とコミュニケーションの難しさを伝える。

 また、「フリーランスの場合は、上下関係が苦手でもどうにかなる」と実感を伝える30代女性のライター・Bさんは、その反面「自分から意識しないと、人との繋がりがどんどん薄れていく」と自由に動けるからこそ「目的意識」を持つことが大切だと回答。先述のCさんも「どんなに真面目にせわしなく働いても、実際に作業している現場を見ていないので評価してもらえない」と、在宅勤務ならではの“寂しさ”も味わったことを語ってくれた。

 さて、在宅勤務にまつわる様々な実体験を紹介してきた。職場へと向かい、拘束される時間がなくなるのは“自由”に思われる一方で、本来、プライベートの空間である“自宅”に仕事を持ち込むというのは、それ相応の苦労もともなう。仕事の意義を何に求めるかは人それぞれであるが、多くの人にとってはやはり「生活を充実させる」のが第一ではないだろうか。今後、様々な企業が在宅勤務をどのように導入していくのか。その動向にも注目がそそがれる。

取材・文=カネコシュウヘイ

※本文中の情報は取材時のものです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。