人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.01

温泉ソムリエに聞く入浴剤選びのポイント

これからの入浴剤のキーワードは「血行促進」冬を乗り切ろう

 心身共に、疲れを癒してくれる毎日の入浴に欠かせない入浴剤。普段、みなさんはどのような基準で選んでいるのだろうか? 現在、入浴剤には多数の種類があるが、中でもこれから注目を集めるおすすめの入浴剤を、入浴と温泉のエキスパートにうかがった。

■入浴剤の活用事情

これからの入浴剤のキーワードは「血行促進」冬を乗り切ろう

 そもそも、入浴剤は今、どれほどの人が利用しているのか。2014年に行われたインターワイヤードのディムスドライブによる調査から、入浴剤の利用頻度やその種類の実態を知ることができる。調査対象の6315名中、市販の入浴剤使用率は51.3%で、特に「市販の粉タイプ」が33.3%と最も人気が高く、次いで「市販の大きな発砲タブレット・バスボム」が18.6%、そして「発泡つぶタイプ」が7.8%と上位に入っている。

 そもそも、入浴剤は誰が選び、購入しているのか。この調査によると、「入浴剤の決定権」は女性が62.2%と多く、男性は30.8%に留まった。そんな女性たちがメインとなる入浴剤選びは、どのような基準で選ばれているのだろうか? 最も重視されるのは「香り」63.1%、「効能・効果」39.6%、「タイプ」が35.3%「販売価格」35.3%と続く。求める効能・効果としては、「保温効果」58.1%、「疲労回復効果」57.2%、「血行促進効果」56.9%が多いことがわかった。これらの調査結果から、入浴剤は主に女性たちが「香り」を第一条件として、「保温・疲労回復・血行促進」の目的で選ばれていることが分かる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ