人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.09

食物アレルギーは男性、金属・動物アレルギーは女性が多い?

 いよいよ花粉症シーズンに突入した。ところで、アレルギーの症状だが、季節や年齢、性別によっても違いがあるものなのだろうか。雪印メグミルクグループのビーンスターク・スノーが以前、0~3 歳の子どもを持つ 25 歳~45 歳の親、男女 400 人(既婚者のパパ、ママ各 200 人)を対象に、インターネット上でアレルギーに関する意識調査を実施したところ、意外な結果が明らかになった。

■アレルギーを感じる季節や家族のアレルギー状況

◎もっともアレルギーを感じる月は 3 月と 4 月がピーク!

 季節によるアレルギーを感じることがある人は、全体400人のうち214名と約半数の人が感じる季節があると回答。また、その中でもっともアレルギーを感じやすい季節として、3月と回答した人が 31%と最も多く、ついで4月と回答した人が 28%と2番目に多い結果となった。全体の傾向として、2月から5月の冬から春の季節にアレルギーを感じる人の割合が増加していくことがわかった。

アレルギーに関する意識調査

◎3家族の内、1家族という割合で、家族の誰か 1 人以上がアレルギーになっている

アレルギーを発症していないという回答が64%だったことから、36%の家族が家族に1人以上アレルギーを発症している結果に。つまり3家族のうち、1家族には誰かしらアレルギーを発症していることが判明した。中でもアレルギーの割合はパパが一番高い22%結果となり、ママや子どもの発症率より高い結果となった。

アレルギーに関する意識調査

◎パパとママがアレルギーを発症している場合、子どものアレルギー発症率は半数にもおよんでいる

アレルギー意識調査において親子関係について分析したところ、パパとママともにアレルギーを発症している場合、子どもがアレルギーを発症する割合は50%だったのに対して、パパがアレルギーの場合は30%、ママの場合は21%となっており、両親どちらもアレルギーでない割合は 11%と、パパとママがアレルギーを発症している場合の方がアレルギー発症の割合は高い結果となった。

アレルギーに関する意識調査 アレルギーに関する意識調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ