人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.02.27

酒が進みまくりの料理がズラリ!多摩川線沿線の赤提灯『T』

■連載/カーツさとうの週刊★秘境酒場開拓団

ド肝抜く酒進み過ぎ料理が続く、多摩川線『T』の魔性
(写真はイメージです。本文とは関係ありません)

ド肝抜く酒進み過ぎ料理が続く、多摩川線『T』の評価

オヤジス度    ★★★
エルドラ度    ★★★
オヤジナリティー ★★

 東急多摩川線のある駅。

 今回は駅の名前からして明かさないぞ! 駅の名前書いたらすぐに店がわかっちゃうし、お店も小さいから絶対に迷惑かかるだろうし。

 ということで、そのある駅に電車が止まるたびに、電車の中からも見える一軒の焼鳥屋さんがある。

 かなり強度に年季が入りまくった店構えに、すすけたような赤提灯がブランブランしている。路面に面した部分で串を焼いていて、脂の焼けた白い煙が店頭全体を覆うようににじませている。その光景が、食欲というか、呑欲をやけにそそる!

 持ち帰り用の販売もしているようだけど、その奥にはちょっとした居酒屋スペースがあるようだ。

 オレは電車の中にいるんで、実際には焼鳥の臭いを感じられるワケがないんだけど、なにかもうその視覚だけで、イイ臭いがプゥ〜ンと脳に感じられてくる。そしてそれ以上に漂ってくる香りが、呑み経験度がかなりなけれは入りにくそうな秘境酒場独特の若者を排除するかぐわしい香り!

 そんな想いでこの駅を通るたんびに気になっていてその店『T(仮名)』に、この前、飲み友達のU氏といってきた。

 時間は午後7時。引き戸を開けて、2人なんですけど入れるか聞けば、大丈夫だという。路面に面して左側に焼き物の焼き台がありその奥は厨房。右側半分は居酒屋だ。

 厨房に面した4人ほど座れるカウンターに腰をを降ろすと、入れるのは大丈夫だけど、もうあまり焼き物は「ない!」という焼き台に立つ主人からのセリフ。店頭売りで焼き上がるのを、路上で待ってるようなお客さんもいるくらいなので、焼鳥関係は持ち帰り用でかなりさばけちゃってるのかもしれない。

 うわ〜もっと早くこないといけなかったのかな〜とした瞬間!

「だけどウマイのが今日は残ってる!」

 続けざまにご主人がいう。

 ハイボール(400円)をオーダーして、もうその“ウマイの”をおまかせでお願いして待ってると、約10分後に出てまいりました、その“ウマイ”ってつう焼き物が!!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。