人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.28

こだわる人こそ選ぶべき90年代を感じるスニーカー5選

 ナイキの『AIR MAX 95』や、リーボックの『INSTAPUMP FURY』といった誰もが知る名作が牽引し、社会現象にもなったハイテクスニーカーブーム。NBA人気に伴う『AIR JORDAN』シリーズの流行。90年代は、現在でも愛され続けているスニーカーが数多く生まれた。90年代にオリジナルが発売されたモデルの復刻、当時流行ったモデルのアップデートバージョンのリリースなど。今でもスニーカーシーンにおいて90年代的なものは色濃く残っている。『mita sneakers』でクリエイティブディレクターを務める国井栄之(くにい・しげゆき)さんに、大人に履いてほしい“90年代を感じる最新スニーカー”を5足紹介してもらった。

【再考!90年代×スニーカー】『mita sneakers』国井栄之さんが選ぶ90年代を感じるスニーカー

■KUNII'S SELECT 1

Puma DISC SWIFT TECH WM "WHIZ LIMITED × mita sneakers"
Puma
DISC SWIFT TECH WM "WHIZ LIMITED × mita sneakers"
2万2000円(税別)

 プーマの『DISC BLAZE』は、ナイキの『AIR MAX 95』や、リーボックの『INSTAPUMP FURY』とともに、90年代のハイテクスニーカーブームを牽引したモデル。その『DISC BLAZE』をベースに、イギリスで活躍するファッションデザイナーであるフセイン・チャラヤン氏ディレクションを行った『PUMA by Hussein Chalayan』にてリリースされた『URBAN SWIFT』のデザインを反映し誕生した『DISC SWIFT TECH』は、その独創的なスタイルが話題となった。

Puma DISC SWIFT TECH WM "WHIZ LIMITED × mita sneakers"

国井さん:90年代のプーマといえば、やはり『DISC BLAZE』ですよね。『DISC SWIFT TECH』は日本で正規展開されなかったモデルなんですが、日本を代表するストリートブランド、WHIZ LIMITED(ウィズリミテッド)とのコラボレートモデルとして初めて登場します。今作はウィズリミテッドのフラッグシップショップ「LUMP TOKYO」の14周年を記念したもので、ウィズリミテッドの今季のシーズンテーマである“RIN(凛)”にフックしたカラーリングになっています。

■KUNII'S SELECT 2

NIKE DUNK LUX LOW "LIMITED EDITION for NIKELAB"
NIKE
DUNK LUX LOW "LIMITED EDITION for NIKELAB"
1万6000円(税別)

 1985年にリリースされたナイキ『DUNK』。90年代生まれのスニーカーではないが、90年代のヴィンテージブームにおいて人気が高かったモデルだ。またスケーターたちからも支持され、それが『DUNK SB』のリリースへと繋がっていく。1999年に待望の復刻を果たした際も大きな話題に。数々の人気ブランドとのコラボレーションもしている、ナイキを代表するモデルの1つ。

NIKE DUNK LUX LOW "LIMITED EDITION for NIKELAB"

国井さん:90年代を象徴するモデルというと『AIR MAX 95』でしょうし、『AIR MAX 95』がなければ、今のような東京のスニーカーカルチャーはなかったでしょう。一方で『DUNK』も東京的だなと思うモデルです。同世代のアパレルデザイナーと話をすると、90年代に『DUNK』を履いていたという人が凄く多いですし、ヴィンテージブームのとき古着屋のショーケースにはたくさんの『DUNK』が並んでいました。90年代末の復刻も日本からのリクエストがあってのもの。『DUNK LUX LOW“LIMITED EDITION for NIKELAB”』は、上質な素材と共にエレベレーとされた履き心地も魅力です。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ