人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

酒コミュニケーションが楽しい「MARUNOUCHI TRAVEL LAB」のお手軽ガストロノミーツアー体験レポ

2017.02.25

◆「丸の内 バルホッピング」の一部を体験

 丸の内トラベルラボの企画の第一弾となるのが「丸の内 バルホッピング」。ちょっとした空き時間にウォーキングツアーを活用して街を知ってもらうことを目的に、丸の内エリアに精通する三菱地所と三菱地所プロパティマネジメントが協力し、場所と店舗を選定した。

 かつて大名屋敷があった場所で、近代の有名建築も残る丸の内仲通りを中心にセレクト。「食べ歩くだけでなく、コミュニケーションのスパイスに歴史的好奇心を入れながら街全体でおもてなしをする企画にした」(三菱地所)という。

 バルホッピングを文化として根付かせたいということで、第一弾は「日本酒、国産牛」を切り口としたツアーに。インバウンド、近隣の就業者やシニア層などをターゲットにしている。

○SAKE Bar Hopping (6000円)
17:30~20:00。体験時間150分。参加人数は2~8名。国際ビル内にある「SAKE SHOP福光屋 丸の内店」「卸直営物産酒場 丸の内バルセン-鮮-」「和麺 TURURU」の3か所を回る。日本酒の知識を学びながら、お酒と共に刺身や蕎麦といった和食も味わう。

○NIKU Bar Hopping(9000円)
17:30~20:00。体験時間150分。参加人数は2~8名。新東京ビルにある「ローストチキンハウス 丸の内店」と、国際ビルにある「尾崎牛 肉バル ウィッフィ」の2か所で、ビールやワインと共にチキン、和牛を楽しむ。

 2つのツアーで使われる店舗を見学することに。ナビゲーターは日本酒ソムリエ、SSI(日本酒サービス研究会)専属テイスター、酒匠、唎酒師などの肩書を持つ日本酒のプロ・古田 豊弘さん。

旅行代理店?日本酒バー?有楽町ビル1階に出現した、「丸の内トラベルラボ」とは?

 バルホッピングはナビゲーターが付いて説明してくれるので、このお酒にはどんな食べ物があうのか、どの順番で飲むとおいしいのか、こういう飲み方をすると味が変わるといった知識を学んで試飲できるのが、単なる食べ歩きツアーとは大きく異なる。日本酒に詳しくないという人でも楽しめること間違いなし。

 ツアーの申し込み場所、集合場所となるのが「丸の内トラベルラボ」。ツアーの説明を行いながらウェルカムドリンクを提供。新潟のお酒の飲み比べもできる。ひとつの日本酒を、錫、陶器、グラスと異なる素材で作られた酒器で飲み比べて口当たりの変化を体験。

旅行代理店?日本酒バー?有楽町ビル1階に出現した、「丸の内トラベルラボ」とは?

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。