人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

リゾート化する前の今が狙い目!ベトナム最後の楽園フーコック島の歩き方

2017.02.25

■観光スポットは多数あり

 2日間もあれば周ることができる程度の広さの島だが、その中に多数の観光スポットが存在する。やはりビーチが主役であるとは思うが、他にも滝を見ることができる自然豊かな国立公園や、遊園地、動物園などのテーマパーク。スキューバやシュノーケリングなどのアクティビティもあり、退屈することはないだろう。

ベトナム最後の楽園フーコック島に行くなら今!

無邪気に楽しめる場所とは言えないが、個人的には捕虜収容所は見ておいて良いのではないかと思う。

ベトナム最後の楽園フーコック島に行くなら今!

脱走のために被収容者が掘ったトンネルなどを見ることができる。

 また、今回は行くことができなかったが、ヌックマム工場は人気の観光スポットとのこと。フーコック産のヌックマムは最高級品として高い評価を得ている。ただし、ヌックマムは機内持ち込み禁止で、お土産として買って帰ることはできないので注意。

■完全にリゾート化する前の今が狙い目

 フーコックは急ピッチでリゾート化が進んでおり、あと数年もすればおそらく豪華なリゾートアイランドと化すだろう。巨大なカジノホテルの建設が予定されているという話も聞く。リゾートとして整いつつ、牧歌的な大らかさを残したフーコックを楽しめる期間は残り少ないと言える。

 筆者としては不便なく滞在でき、それでいてのんびりした趣のある今のバランスが非常に心地よいと感じている。開発が進む前に、いまのフーコックを堪能してはいかがだろうか。

取材・文/太田史郎(おおた・ふみお)

フリー編集&ライター。最新モノ情報はもちろん、スポーツ、音楽&ダンス事情にも詳しい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。