人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.02.27

ノートから猫がひょっこり!?『ノートで遊ぶ猫ふせん』から新作が登場

フェリシモ猫部から、『そこにいたの!? ノートで遊ぶ猫ふせん<パート2>の会』が登場した。これは実写の猫をプリントしたフィルムふせんで、「小さくなった猫がノートに遊びにきたら?」という〝妄想〟をもとに作られたものだ。猫がノートの端から顔を出したり、ノートのまわりで遊んでいたりと、猫のかわいらしい行動を表現している。

発売に際しては、まずモデルとなる猫をフェリシモ猫部サイトで募集。前回を上回る3758枚のユーザー投稿写真から、13匹の猫が選ばれて商品化された。販売価格の一部は、飼い主のいない動物の保護と里親探し活動、野良猫の過剰繁殖防止活動、災害時の動物保護活動などに運用される。

ふせんのデザインは、〈のぞき猫〉〈まわりで遊ぶ猫〉〈まわりで遊ぶ猫〉の3種類。まず〈のぞき猫〉では本やノートの端から、猫がこちらをのぞき見。猫と目があって思わずニッコリできそう。今回の<パート2>では、子猫も登場している。

〈まわりで遊ぶ猫〉はノートのまわりで遊んでいる猫たちを表現したデザインだ。ノートの上に乗っている猫。ノートを開くと、実は金魚鉢やコップにいたずら中だったり、本の角にぶらさがる猫も登場。

〈開けると……猫〉は、キリッとした顔で見つめているが、ノートを開けると、くつろいでいたり、ノートの内容を「ここ!」と示していたりと、表情豊か。頭やしっぽだけがチラリ……。自由きままに過ごす猫たちを表現している。

価格は月1セット650円(税別)。セット内容はふせん50枚(5種類各10枚)またはふせん40枚(4種類各10枚)。毎月1回、3種類の中から、ローテーションで、1種類ずつ届く。2巡目以降、届け順が変わることがある。なお、価格から20円は「フェリシモの猫基金」として運用される。

製品情報

http://www.feli.jp/s/pr170217/8/

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。