人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.02.27

コンビニコーヒーを購入する時に重視するものTOP3

全日本コーヒー協会のまとめによれば、2016年のコーヒー消費(速報版)は対前年比2.3%増の47万2535トン。これは4年連続の最高記録更新となる。2年連続でコーヒー製品の輸入が減少し、鮮度の高い国内加工の製品が支持されているという。

マイボイスコムは4回目となる『コンビニコーヒー』に関するインターネット調査を1月1日~5日に実施。1万1317件の回答を集めた。

◆コンビニコーヒーの利用頻度、購入したコンビニエンスストア

コンビニエンスストア利用者のうち、コンビニコーヒーを直近1年間に購入した人は6割、「月に1回未満」がボリュームゾーン。週1回以上の購入者は2割強、男性20代以上が各3割、女性20代以上が各2割。コンビニコーヒーを直近1年間に購入した人に、購入した店舗を聞いたところ、「セブン-イレブン」が71.0%で最も多く、「ローソン」「ファミリーマート」が各4割強で続いた。過去調査と比べて、「ローソン」が増加傾向にあるようだ。

 

◆コンビニコーヒーの購入理由

コンビニコーヒーの購入理由は、「価格が安い」「値段の割においしい」「缶コーヒーやペットボトル入りコーヒー等よりおいしい」が、直近1年間購入者の4~5割で上位にあがっている。「味が本格的」「できたてが飲める」「気軽に買える」「自動販売機のカップ入りコーヒーよりおいしい」が各2割で続いた。「値段の割においしい」「気軽に買える」は、女性で比率が高い傾向です。セブン-イレブンのコンビニコーヒー主購入者では、「価格が安い」「缶コーヒーやペットボトル入りコーヒー等よりおいしい」「味が本格的」が他の層よりやや高くなっている。

◆コンビニコーヒー購入時の重視点

コンビニコーヒー購入時の重視点は、「味」「価格」「香り」が上位3位、以下「容量、サイズ」「コクがある」「本格的」「店舗が近くにある」が続く。セブン-イレブンのコンビニコーヒー主購入者では、「味」「香り」の比率が他の層よりやや高くなっている。

◆コンビニコーヒーと一緒に買う食べ物

コンビニコーヒーと一緒に食べ物を購入することがある人は、直近1年間購入者の6割弱、女性や20代で高くなっている。購入する食べ物は、「パン類」が28.5%、「お菓子・スナック類」「コンビニドーナツ」が各2割弱。男性20代や女性20・30代では、「お菓子・スナック類」が1位となっている。

◆コンビニコーヒー利用意向

コンビニコーヒーの利用意向者は49.2%、女性10・20代では3~4割と他の層よりやや低くなっている。コンビニコーヒー月1回以上の購入者では8~9割、購入未経験者では約8%。セブン-イレブンのコンビニコーヒー主購入者では、「利用したい」という強い意向が5割弱で他の層より比率が高くなっている。

<回答者のコメント>
◆そのコンビニエンスストアでコンビニコーヒーを購入する理由(全4452件)

『セブン‐イレブン』
・セブンは自分でカップを取りレジで精算できるから。(男性54歳)
・他社よりも香りが良いと感じる。他社は苦みが強い。(女性42歳)

『ローソン』
・サービスがよい(作ってくれるから)。おいしいので。(女性47歳)
・デザインが可愛い。好きなコーヒーがある。(女性32歳)

『ファミリーマート』
・コーヒーだけでなくミルクティーや抹茶ドリンクなど、種類が豊富だから。(女性33歳)
・カフェラテのミルクが自然な味で、コーヒーの味も香りとコクがあって美味しいから。(女性42歳)

■調査概要
調査方法/インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期/2017年01月01日~01月05日
回答者数/1万1317名

文/編集部

 

 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。