人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.02.26

中高年より若い男性のほうが体臭が強いってホント?

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

◆イマドキ男子はウラとオモテを無意識に使い分ける“ウラハラ男子”

 マンダムによる「イマドキ男子プレスセミナー」が開催され、10代半ば~20代のイマドキ男子の興味深いリポートが発表された。

 イマドキ男子の特徴は“距離感”。周囲の対人距離から見えてきたイマドキ男子の傾向は、ウラとオモテを無意識に使い分ける“ウラハラ系男子”だという。

○友人関係は広くバランスが良いが(オモテ)、本音でぶつかれる相手がいない(ウラ)。
○空気を読む力があり周囲に合わせるが(オモテ)、本音では自分らしくありたいと思っている(ウラ)。
○SNSでオープンに情報発信しながら(オモテ)、複数アカウントでキャラを使い分けている(ウラ)。
○恋愛欲求が低くカノジョはいないが(オモテ)、女性の親友はいて旅行をするのもアリだと思っている(ウラ)。
○なんでも話せるのは男の親友(オモテ)、身だしなみの悩みは、最も心を許せる絶対的な味方の母親と、頼れるアドバイザーの女友達(ウラ)。

 こうしたウラハラ男子の周囲との距離感が身だしなみ意識にも影響しており、悪気はないが人を見た目で判断することが多く、自分も見た目で判断されていることを自覚している。彼らが意識するのは「女子ウケ」ではなく「万人ウケ」。パーツ別にみると、ヘアスタイルは以前のように流れを出したり、固めたりするなど「カッコよくキメる」のではなく「清潔感」「ナチュラル感」を重視している。

ニオイの強さは中高年より若い男性の方が強い!?スキンケア、ニオイ対策はイマドキ男子の絶対条件

 スキンケアでは「自身の満足感」だけでなく、「他人からの評価」も重要視している。男友達の肌がキレイだとつい見てしまう、泊りの時にはいつも使っているスキンケアを持っていく、母親や女友達からのアドバイスを参考にしているというのがウラハラ男子の本音。

ニオイの強さは中高年より若い男性の方が強い!?スキンケア、ニオイ対策はイマドキ男子の絶対条件

 ニオイケアについては「他人にクサイと思われないこと」、「他人に迷惑をかけないこと」が絶対条件。「クサイとか、ありえない」わけで、イヤなニオイがするヤツとは友達として付き合えないと思いながら、本人に指摘はせずに距離を置くという傾向がみられる。

 イマドキ男子の身だしなみ意識の調査から「周囲に配慮し、場になじむこと」、「万人に好感を持たれ、評価されること」が重要だということがわかった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。