人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.27

英語圏では「カレーライス」の発音に要注意!?

なぜ韓国の米がイギリスの食卓に上がったのか?
北イングランドの田舎町、ケンダルの全景 (c) Hosang You

 北イングランドの「チルドレンズ・ホリデーセンター」で行われた新プロジェクトに加わってから、2週間ほど経ったある日の昼食でのことだった。子供たちと一緒に食堂で座っていたら、マーガレットというベテランの女性スタッフが、ご飯を載せたカートを押してきた。それと同時に子供たちへ話しかける声が耳に入ってきた。

「ほら、今日のランチは"韓国米(Korean rice)"だよ〜」

なぜ韓国の米がイギリスの食卓に上がったのか?
Illustration (c) Hosang You

「なんだって、韓国米なの?」

 イギリスに来てから、いつの間にか半年が経っていた。彼の地での粘り気ない米に、いまだに慣れ親しめないでいたので、かなり乗り気になった。しかし、韓国米がイギリスで売れているという話は聞いたことがなかった。普段はとても無愛想な女性が、そして特に仲がいいワケでもない筆者に冗談を言うはずもないし……。

なぜ韓国の米がイギリスの食卓に上がったのか?
チルドレンズ・ホリデーセンター(c) Hosang You

 ちらりと見れば、長めのインディカ米ではないようだが、東南アジアのどこかで生産された米であることに違いない。もしかすると韓国米と似た感じのカリフォルニア産米かもしれない。韓国についての間違った知識は正すべきだという、妙な使命感(?)があったのか、思わずひと言、発していた。

「これは韓国の米ではないですよ。韓国米はもっと粘り気があります」

 もう少し調べてから話しなさい……こんなニュアンスで話しかけた。するとこの女性はご飯をよそうのをやめて、筆者をぽかんと眺めた。

「いきなり何?」という表情だった。そして筆者の問いかけには何も答えず、再びご飯をよそい始めた。忠告は耳に入らなかったのだろうか? 韓国米ではないという……。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ