みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >VR空間を疾走するバイクエクササイズ…

VR空間を疾走するバイクエクササイズ「THE TRIP」体験レポ(2017.02.26)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■Introduction

私が最近、凝っていることと言えば、スピニングである。フィットネス先進国アメリカでブレイクして、ヨーロッパを席巻していると言われる新感覚バイクエクササイズなのだ! 今までもフィットネスクラブにはエアロバイクがあった。しかし、1人で漕いでいても飽きてしまう。そこで専用スタジオにバイクをズラリと並べてインストラクターが40分〜50分のプログラムをみんなを飽きさせないように盛り上げながら漕ぐのがスピニングである。音楽に合わせて漕ぐのでテンションが維持できるのがポイント。自分のペースに合わせて負荷を調整でき、手軽に心拍トレーニングがおこなえる。

しかし、これ毎週やっているやっぱり飽きる。私はスマートウオッチの心拍センサーのテストデータを取るという目的があるので、真面目に取り組んでいるが、脂肪燃焼だけが目的だと挫折しそうだ。スピニングでもっと、こうプロジェクターで動画写して実際に走っている感を出すのかと思ったのだが、イントラの「登り坂が迫ってきました〜」とかいう掛け声で自分のイメージを膨らませる必要があるのだ。これは実際にロードレーサーに乗ったことのない人には難しいと思う。私はいつも自分勝手に「弱虫ペダル」の箱根インターハイ3日目を妄想しながら走っているのだが。

そこに登場したのがワークアウトスタジオ「CYCLE &STUDIO R Shibuya」のVR Cycle「THE TRIPTM」である。バイク専用スタジオに40台以上のマシンを並べて前方120度をカバーする幅12m、高さ2.7mの大型スクリーンに動画を投映、それに負けないオーディオシステムを組んでゴーグル無しでVR空間に没入しながらサイクルが楽しめるという。グランドオープンは3月19日なのだが、プレス向け体験会に参加して40分コースを漕いできた!


「CYCLE &STUDIO R Shibuya」は2つのスタジオで厳選したプログラムが受けられる。


サイクルプログラムはレスミルズ社が作成した「THE TRIPTM」が用いられる。

1 2 3 4 5 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter
  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。