人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

重さわずか206g!1.0型大型CMOSセンサーを搭載したキヤノンのハイスペックコンデジ『PowerShot G9 X Mark II』

2017.02.23

キヤノンは『PowerShot G9 X』(2015年10月発売)の後継機種となる『PowerShot G9 X Mark II』を2月23日より発売する。いつでも気軽に持ち歩くことができる薄型・軽量ボディーを継承しつつ、映像エンジンDIGIC 7を搭載することで、さらなる高画質を実現したプレミアムコンパクトカメラだ。価格はオープン価格。

まず高画質を生み出す先進テクノロジーの数々をスチール缶コーヒーよりも軽い、わずか約206gの軽量ボディーに凝縮した。グリップにおいては、品位とスリムボディーを両立するべく、採用した樹脂に塗装を吹き込ませて、革独特のムラ感を表現するという塗装手法を採用。塗装素材にもゴム調のものを使用することで、吸着感とグリップ感を確保。水平・垂直を基調とするなど、斬新な設計のデザインを採用した初代「G9 X」の佇まいを継承している。

そして画質面では低ノイズ、高解像感を実現する「1.0型大型CMOSセンサー」を搭載した。高画質化を図るとき、大型センサーの存在は重要。より多くの光を取り込むことが可能なため、より多くの情報を写真にすることができるからだ。『G9 X Mark II』は、1/2.3型センサーと比べて受光面積が約4倍の1.0型・約2010万画素CMOSセンサーを採用。美しいボケ味や色彩のグラデーションもなめらかに描ける階調性など、プレミアムコンパクトならではの高画質を実現している。明暗差の激しいシーンも、白トビ・黒つぶれすることなく鮮明な一枚が撮影できるほか、集光効率に優れた裏面照射型構造の採用により、高感度撮影時においても優れた解像感と低ノイズをハイレベルに両立。クリアな一枚に仕上げられる。

さらに画質を左右するのは光の質だ。この良質な光をより多く導くために、『G9 X Mark II』は広角端F2.0の大口径レンズを搭載。両面非球面レンズなどを採用することで、ボディーの小型化と高解像力の両立という課題を高度にクリアした。このため夜景や室内など、光量が少ないシーンでも手持ちで積極的な撮影が可能。また、大型センサーとの連携で、背景をぼかした表現も楽しめる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。