人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「マスオさん婚」にも抵抗がない、都会でひとり暮らしの独身男性

2017.02.23

 昔と比べて、マスオさん婚を洗濯する男性が増えているとも言われているが、実際のところ、独身男性の意識は変わっているのだろうか。婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェントは「生活環境による婚活意識の違い」に関するアンケート調査を実施し、第2弾となる調査レポートを公開した。“都会で1人暮らし”中の未婚男女と、“地方で親と一緒に”暮らす未婚男女の結婚・婚活に関する価値観の違いを比べたところ、結婚相手のためなら、勤務先・生活環境を変えてもいいという“地方で親と一緒に”暮らす女性が多く、また、“都会で1人暮らし”の男性は相手の両親との同居抵抗が少ないことがわかった。

 前回調査と同様に、「首都圏」「政令指定都市の都市圏」で「実親とは別に、ふるさとから離れた都道府県で暮らしている」という“都会で1人暮らし”のグループと、「中小都市や農村部」で「実親と一緒に、ふるさとか、その近隣の市区町村で暮らしている」という“地方で親と一緒に”暮らすグループとに分けて、結婚観の違いを調べた。

 まずは、今の生活環境から遠く離れても結婚したいと考えているかどうかだが、性別や都会/地方で違いが生まれるかと思われたが、4割前後が結婚したい相手がいるのなら構わないと回答した。地方で親と一緒に暮らしている女性では該当率42.8%で、生活環境が変わることに最も前向きであることがわかった。逆に、都会で暮らしている1人暮らしの男性は35.9%と該当率が若干低下し、生活環境を変えることに最も消極的な姿勢であることがうかがえる。

「生活環境による婚活意識の違い」に関するアンケート調査

◆“マスオさん”も悪くない?“都会で1人暮らし”の男性は相手の両親との同居抵抗少ない

“都会で1人暮らし”派と“地方で親と一緒に”派の結婚観を比べた場合、差が開くと考えられるのは、両親との同居に関する問題ではないだろうか。実家を継ぐ必要があるのか、自分の両親との同居については、やはり“地方で親と一緒に”生活している男性が最も強く望んでいることがわかった。27.4%が回答している。

「生活環境による婚活意識の違い」に関するアンケート調査

 一方、予想を裏切る結果になったのは、相手の両親との同居に関する質問。縛られるのを嫌がりそうな“都会で1人暮らし”の男性が最も抵抗を示さず、23.3%しか当てはまらなかった。サザエさんに登場するマスオさんのような生活も視野に入れている男性が意外と多いのかもしれない。また、嫁・姑の問題を気にするのか、女性は“都会で1人暮らし”と“地方で親と一緒に”のどちらのグループも、4割が相手の両親との同居に反発しているようだ。

「生活環境による婚活意識の違い」に関するアンケート調査

◆“地方で親と一緒に”生活する人は同郷の相手と結婚したい

“都会で1人暮らし”派と“地方で親と一緒に”派の違いが比較的はっきり出たのが、同郷の相手と結婚したいかどうか。“都会で1人暮らし”派の10.8%に対して、“地方で親と一緒に”派は19.2%。同郷の相手を望む傾向があることが分かる。

「生活環境による婚活意識の違い」に関するアンケート調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。