人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

食器洗いの対価は年間146万円!?女性に聞く食器洗いストレスの実態

2017.02.22
■使ってみた感想、上位は“洗浄力”に集中。「イメージが変わった」声も

 調査対象の女性たちに、同社の食器洗い乾燥機「NP-TR8」を実際に使った上で、これらの不満、負担がどのように変化したかや、感想などについて調査。まず、使用した感想を聞いたところ、「油汚れが(思っていたより)落ちた」(84.3%)をはじめとして、上位4位までは洗浄力に関連した項目への評価が集まっている。「油汚れは予洗いをするイメージを持っていたが、予洗いしなくてもきれいに汚れが落ちた」といったコメントから読み取れるように、使用前に抱いていたイメージが変わった人が多いようだ。

 また、「正直、食器洗い乾燥機は贅沢品だと思っていたが、わずか1か月ほどの使用で必要不可欠なものに変わった。始めは贅沢品だと言っていた夫も、必需品だという意見になった」や、「今まで食器洗い機は贅沢すぎる気がして購入に踏み切れなかったが、労力とストレスのなさを考えれば、決して贅沢品ではない気がした」と、“贅沢品”のイメージが変化したという声も聞かれた。

■2大メリットは「負担・ストレス」&「時短」、家族の“お手伝い習慣”にも発展?

 食器洗い乾燥機を使用して魅力に感じた点としては、大多数が「食器洗いの負担・ストレスが減ったこと」(92.9%)と回答。「食器洗いにかけていた時間が短縮できたこと」(88.6%)と時短についても多くの女性が実感しており、その結果としてか、約7割が「自分で使える時間が増えたこと」、「家族(配偶者、パートナー、両親、子供など)と過ごす時間が増えたこと」とも答えている。

 具体的な感想としても非常に多かったのが、「時間にも気持ちにも余裕ができ、子どもと過ごせる時間が増えた」といった、「負担・ストレスの軽減」と、「時短」とそれに伴う「自分の自由な時間」についてで、使用前後で生活に変化が現れたことが読み取れる。

「負担・ストレス」が軽減されたことに関連した料理への影響も大きいようで、「食器洗いから解放されたことで気持ちが楽になり、お菓子作りの回数が増えた」、「食事を楽しく作れるようになった。調理器具も洗えるし、気兼ねなく新しいレシピに挑戦している」など、生活に変化があったことが分かる声が集まっている。

 同時に、「いつも夫と食器洗いを押しつけ合っていたが、『入れるだけだから』と自発的にやってくれるようになり、とても助かっている」、「食器洗い機にしてから、息子が手伝ってくれるようになった。操作が簡単なので、ごはんの後の片付けをしてくれる」など、家族が手伝ってくれるようになった、家事分担が楽になったというコメントも多く見られた。

「シンクに食器をためていると夫から怒られていたがそれがなくなり、家庭円満につながったと思う」などの感想も寄せられ、食器洗いの「負担・ストレス」がなくなったことで時間にも気持ちにも余裕ができ、好循環が生まれている様子が感じられる。

 最後に総合的な満足度を聞くと、「とても満足した」(85.7%)、「どちらかというと満足した」(12.9%)を合計して、98.6%の女性が「満足した」と答え、97.1%が両親や友人・知人など、「まわりの人に薦めたい」と回答。薦めたいポイント1位は、「(家事が効率化できた結果として)自分の時間がとれるようになる点」(67.1%)。「家事の効率が上がる、あまった時間で別のことをするなど、生活が変わった点」(64.3%)が続き、食器洗いから解放されることで、女性たちの生活にも変化が生まれたことが、ここでも現れた結果となった。

【調査概要】

・調査対象:20~50代 女性70名
・調査期間:2015年6月26日~2015年7月5日

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。