人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

食器洗いの対価は年間146万円!?女性に聞く食器洗いストレスの実態

2017.02.22

 いつの時代も、主婦の食器洗いのストレス解消されないまま、話題になってきた。パナソニックが2015年に、20~50代の女性70名を対象に「食器洗いに費やす時間とその価値」をテーマにした調査を行なったところ、女性たちの食器洗いに関するストレスの実態が明らかになった。それはこの調査で、同社の食器洗い乾燥機「NP-TR8」を使った女性たちの満足度が97.1%だったという結果を見ても、食器洗いの大変さが見て取れる。女性たちが普段の食器洗いから解放されたい心理とは?

■代わってもらえるなら年間146万円!

 はじめに、食器洗いの頻度を聞くと、「1日に2回以上」が91.4%、「1日に1回程度」が8.6%と、今回の調査対象ではすべての女性が毎日食器洗いをしている結果に。1回あたりの所要時間としては平均19.4分で、1日に2回食器洗いをしているとすると、年間で1万4162分と約236時間、約10日間もの時間を食器洗いに費やしていると言える。食器洗いに関連した炊事、そのほかには掃除、洗濯など、日々の家事は、たとえ1回あたりの時間が短くとも、毎日のことだからこその負担や不満、ストレスなどがあると考えられる。

 そこで、その負担や費やしている時間の価値を測るために、金額に換算して調査を行なった。「食器洗いから解放されるとしたら、1回あたりどのくらいの金額を支払いたいですか?」と聞くと、平均は2005.4円。食器洗いから解放されることに、年間約146万円分の価値があるという結果になった(※2005.4円×1日2回×365日=1,463,942円)。

 また、食器洗いに限らず、炊事や掃除などを含めた「家事全般」から1日解放されることの価値を金額に換算するといくらくらいかを質問したところ、1日あたり1万678.6円、年間389万7689円と、さらに金額は上がり、日々の家事に多くの女性たちが負担やストレスを感じている様子が反映された結果だとも捉えられる。

■面倒、憂うつ、ストレス…食器洗いの負担が毎日の献立にも影響することが判明

 続いて、食器洗いに関してどのような不満や負担があるのかを具体的に調査すると、最も多かったのは「面倒に感じる」(87.1%)、次いで「時間がとられる(時間がかかる)」(80.0%)、「洗う量が多いと憂うつになる」(75.7%)、「つい後回しにしてしまい、洗っていない食器がたまってしまう」(48.6%)などが上位に並んだ。面倒に感じて後回しにしてしまうことで量が増えてしまい、その結果、たまった洗いもので不満が余計に積み重なってしまうという悪循環に陥ってしまっていることも考えられる。

 実際に、「家族5人の夕飯後の食器洗いがとても憂うつで、仕事がある平日は疲れて翌朝に回してしまう」といったコメントが目立ち、さらには「食器洗いが嫌いなので、ワンプレートのメニューにするなど極力洗い物を減らすようにしている」と、食器洗いの不満や負担が、料理にも影響を及ぼしていることが分かった。また、6割が「手が荒れてしまう」ことも不満に挙げており、食器洗いによって引き起こされる二次的な影響も、不満を抱く原因になっているようだ。

「食器洗い」の価値は年間約146万円!? 女性に聞く食器洗いストレスの実態

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。