人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマホをゲーム機として使いこなすイマドキの10代

2017.02.22

マイボイスコムは、6回目となる『ゲームの利用』に関するインターネット調査を実施。1万1309件の回答を集め、その結果を公開した。

◆ゲーム機の利用頻度

ゲームをする人は全体の4割強(ゲーム機・対応機器所有者の6割弱)。若年層で比率が高く、10・20代では7割弱、50代以上は3割強となっている。ゲームをする頻度は「ほぼ毎日」が全体の20.6%、週1回以上が3割強。ゲームをする人に占める比率は、「ほぼ毎日」は5割弱、男性では4割強、女性では5割強と女性の方が高くなっている。週1回以上は8割。

◆ゲームをした機器

ゲームをする人に、直近1年間にゲームをした機器を聞いたところ、ゲーム専用機では「ニンテンドー3DS、2DS」が1割強、「プレイステーション3」「Wii」が約8~9%で上位にあがっている。ゲーム専用機以外では「スマートフォン」が53.2%、「パソコン」が37.3%、「タブレットPC」が13.6%となっている。「スマートフォン」は、女性や若年層で比率が高く、10代では8割弱。50代以上では、「パソコン」が5割弱で他の層より高くなっている。男性20・30代ではプレイステーション関連、10~30代では「ニンテンドー3DS、2DS」の比率が高い傾向。

◆ゲームをした場所

直近1年間にゲームをした場所は、「自分の家」が90.9%、「電車・バス・自動車などの中」が23.5%、「職場・学校」が11.5%。最頻利用ゲーム機器別にみると、『スマートフォン』『携帯電話』では、「電車・バス・自動車などの中」「場所は問わない」の比率が高くなっている。

◆ゲームをした時間、利用金額

直近1年間にゲームをした人に、1日あたりのゲーム時間を聞いたところ、「10~20分未満」「20~30分未満」「30分~1時間未満」が各2割。30分未満をあわせると5割、1時間以上は約25%となっている。1時間以上の利用者の比率をみると、男性20・30代や女性20代では4割、50代以上では2割弱、ゲームを毎日する層では4割弱となっている。

直近1年間にゲームをした人が、ゲーム関連で使った金額は、1か月あたりは「0円」が67.4%で、有料の比率は3割強となっている。有料の利用者は、男性20・30代では5~6割、「1万円以上」が1割強と他の層より高くなっている。また、ゲームをする時間が長いほど高く、1日あたり『30分未満』の層では3割以下だが、『1時間以上』の層では5~6割。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。