人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ATOKはどう進化した?人工知能を搭載した日本語ワープロソフト「一太郎2017」

2017.02.20

■電子書籍のオーサリング環境と出力形式

電子書籍のオーサリングはシンプルだ。文章を書いて、あるいは読み込んで、それをEPUBやkindle/mobi形式に出力することができる。

電子書籍フォーマットに簡単に出力できる。
電子書籍フォーマットに簡単に出力できる。

EPUBというのは現在の電子書籍のスタンダード的なフォーマットで、だいたい、この形式で出力して、電子書籍のシステムにアップロードすればいい。たとえば、楽天のkoboなどもこの形式に対応している。

これに対して、kindleではこれとは文法がやや異なるmobi形式というものを使っている。一太郎2017ではこのkindle向けの形式にも出力することができるわけだ。

ちなみに電子書籍のオーサリングで1つのポイントになるのが「目次」の作成だ。一太郎2017では目次にしたい文字を選択し、ツールメニューから「目次」>「目次設定」を実行することで目次に設定することができる。

■タイトル文字作成

タイトル文字の作成は「挿入」メニューの「タイトル文字」>「モジグラフィ」から実行できる。使用したい文字パターンを選択し、作成したい文字を入力するだけでOKだ。

タイトル文字を簡単に作成できる。 タイトル文字を簡単に作成できる。
タイトル文字を簡単に作成できる。

先日、僕が作成した「Androidスーパーハイウェイ」という電子書籍の表紙の文字もこの機能で作られている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。