人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.11

ウッドのハウジングが優しい音を奏でるDZATのイヤホン『DF-10 Maple』


ウッドハウジングは優しい音がするのか?ハイコスパなスマホ対応イヤホンDZAT『DF-10 Maple』

■Introduction

ヘッドホンのハウジングにウッドが使われることは珍しくない。音作りに木の響きを活かそうという意図である。同じ目的でイヤホンのハウジングにもウッドが使われることがある。スピーカーのエンクロージャーもほとんどが木材を材料としたMDFが使われており、現在はその響きを抑える方向で設計されたスピーカーが多い。

余分な響きを加えずにソースに入った音をユニットから余すところなく再生するというモニター指向のスピーカーがハイエンドになるほど多くなる。これはハイレゾ音源に入っている音場感を再現するには、響きや反射や残響が邪魔になるからだ。

ではエンクロージャーを金属製にすればいいかと言えば、そうとも言い切れない。金属は内部損失が少ないため固有の響きが乗りやすい。ウッドは内部損失が大きくクセがないという特徴がある。

DZAT『DF-10』はリアルウッドの削り出しで、Maple(楓)を使った『DF-10 Maple』とRed Sander(紅木)を使った『DF-10 Red Sander』の2つのバリエーションがあり、どちらもe イヤホンで2480円(税込)で発売中である。ハウジングに天然木を使おうとすると材料の確保、加工、品質の均一性など、さまざまな問題があるため、比較的高級モデルに使われることが多いのだが、これは画期的に低価格である。

■Design

φ6.8mmのダイナミック型シングルドライバーを採用。再生周波数帯域20Hz〜20kHz、インピーダンス16Ω。φ3.5mm4pin端子を採用したリモコン付きケーブルでスマホ対応、リモコン部分にマイク内蔵で通話もできる。イヤーピースはフォームタイプが1種類とシリコンタイプがS、M、Lの3種類付属。その他にノートとペン、巾着ポーチが付属する。

ハイコスパな製品でありながら、完成度は高く、不満を感じる部分はなかった。

ウッドハウジングは優しい音がするのか?ハイコスパなスマホ対応イヤホンDZAT『DF-10 Maple』
厚紙のパッケージにノートとボールペン、そしてイヤホンが収められていた。

ウッドハウジングは優しい音がするのか?ハイコスパなスマホ対応イヤホンDZAT『DF-10 Maple』
イヤホンケーブルは布でカバーされた柔らかいもので扱いやすい。

ウッドハウジングは優しい音がするのか?ハイコスパなスマホ対応イヤホンDZAT『DF-10 Maple』
ハウジングはツーピース構造で、その工作精度の高さに驚く。

ウッドハウジングは優しい音がするのか?ハイコスパなスマホ対応イヤホンDZAT『DF-10 Maple』
イヤピースは2種類、サイズ別で合計6個が付属する。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ