人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これが夫婦円満の秘訣!愛妻家協会が提唱する「テミル原則」とは

2017.02.17

■妻になりきって買い物をしてみよう

このイベントのように、妻の見た目になりきって買い物をする必要はないにしても、日頃から、休日などにぜひ妻の代わりの買い物をしてみるのもいいかもしれない。

「実際、妻になって買い物をしてみると、“意外と重いもの持つんだな”という肉体的な苦労も体感できますが、“知恵”があることに気づかされます。例えば、スーパーで野菜一つ選ぶにしても、夫は普段、目先のことしか考えずに買ってしまうものですが、妻は家計や冷蔵庫のことを巡らせて買います。やってみると、こうした“知恵”の部分も体験することができるでしょう」

山名さん自身も、普段から家事の手伝いをしたり、妻と一緒に買い物に行ったりしているのだという。

「私も、よく妻と一緒に買い物に行きます。例えばスーパーでは、レジ袋への入れ方まで妻から細かく注意を受けます。例えば、保冷剤を入れるなどは、なかなか男性では思いつきません。妻は、いつか風邪を引いたときのために、余分に2~3個持って帰るなんてこともあるんです。男性側は、そのような将来の知恵が理解できないんです。その知恵は、とてもかなわないもの。経験したほうがいいですね」

しかし、山名さん自身、以前まで奥さんの洋服を一緒に買いに行くことには、とても抵抗があったという。

愛妻家協会の愛妻家も実践!家事・育児参加は見てるだけじゃだめ?

「昔は、妻のフィッティングを待つのが耐えられなかったですね。妻の洋服の買い物には付き合いませんでした。しかし今では、妻のフィッティングを待っています。ハワイで有名な下着屋にも一緒に入るくらい、平気になりました」

■愛妻家は2年が限度!? 夫婦の時間をいかに過ごすかが課題に

愛妻家協会の愛妻家も実践!家事・育児参加は見てるだけじゃだめ?

山名さんによれば、愛妻家の持続時間は約2年間くらいだという。その後は、子どもが夫婦をつなぎとめているだけの可能性もあるという。

「今後、中高年の夫婦の時間はとても大事だと思っています。人生80~90年ともなると、それだけ、夫婦の時間が長くなるということ。その時間をいかに過ごすかが、今後のテーマだと思っています。その点、若いうちにお互いにやっていることに介在しておくのは、とてもいいことだと思います」

最後に、「愛妻家協会自体、冗談でやっているところがある」と山名さん。その押し付けのない愛妻家ぶりは、まさに奥さんのうまい操作力のたまものなのかもしれない。

(取材協力)
日本愛妻家協会 事務局長 山名清隆さん
http://www.aisaika.org/

取材・文/石原亜香利

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。