人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

愛猫のために「猫じゃらし」をDIYしてみた

2017.02.17

d02

そんな心配をよそにすごい勢いで遊ぶ我が家の猫!写真がブレちゃうほど興奮してました(笑)。

羽についている鳥の匂いに反応しているのか、興味津々で遊んでいました。麻紐や竹ひご、鳥の羽など天然素材で作っているので猫が口に入れても安心できます。

そして作っているときに便利だったのがグルーガン。

接着剤でもいいけれど、すぐに強力に固まるグルーガンは、使い勝手もよくDIYにかかせないアイテムです。今後の猫グッズDIYでも大活躍すること間違いないでしょう!しかも、今の時代、100円ショップでも購入が可能なので、ぜひ、チェックしてみてください!

さて、その後のDIY猫じゃらしですが、あまりにも遊び過ぎたため1週間で破壊されました!(笑)。さらなる改善を目指して第2弾の猫じゃらしも製作しようと思ってます。

おまけ!

DIYが楽しくて、実はもう一つ、作ってみました。その名も「麻紐de爪とぎ」。出来栄えは、悪くなかったのですが、我が家の猫が遊んでくれなかったためレポートできず…。使用感などはよくわからないですが一応、お見せすることにします(笑)。

ただ、それは、うちの猫が段ボール派だっただけで、麻紐派の猫ちゃんには喜ばれるかも……。ということで、我が家の猫が遊んでくれなかった「麻紐de爪とぎ」完成品は猫コミュの麻紐好き派猫さんの家に送り、使い勝手を精査してもらいます!

材料はこちら!

IMG_0863

◆太めの麻紐 適量
◆50センチ×20センチの合板
◆グルーガン
◆電動ドライバー 

※電動ドライバーがなければ、キリなどでも可。

作り方

IMG_0865

1.合板の上、5センチ程度をあけ、鉛筆などで水平に線を引く。線に沿ってグルーガンを塗っていく。

IMG_0866

2.グルーガンを塗った部分に麻紐を巻いていく。グルーガンはすぐに乾いてしまうので、手早く作業をするのがポイント。

3.下、5センチ程度を残すところまで麻紐をまいたら、麻紐の切り口が裏に来るようにグルーガンで留める。

IMG_0871

4.合板の上の部分にひもを通すため、電動ドライバーで穴をあける。

IMG_0873

完成!!!

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。