みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >ライフスタイル
  3. >あとからじわじわ笑いがこみ上げ…

あとからじわじわ笑いがこみ上げてくるシュールな雑貨6選(2017.02.17)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

突然だが「シュール」とはどういう意味だろうか?日常生活の中で何気なく使っている単語だが、いざ意味を問われると窮してしまわないだろうか?この単語、元々は20世紀前半の前衛芸術活動である「シュールレアリスム」から生まれた和製フランス語であるらしく、明確な定義がある単語ではないようだ。したがってお互い違うニュアンスで使っていた、なんてこともあるかもしれない。ちなみに今回私が紹介する「シュール」なモノたちは「奇抜な」「不可解な」「現実離れした」モノたちである。

■見ている方が思わず痛くなる爪楊枝スタンド『OUCH! 爪楊枝スタンド』

見ている方が思わず痛くなる爪楊枝スタンド『OUCH! 爪楊枝スタンド』 見ている方が思わず痛くなる爪楊枝スタンド『OUCH! 爪楊枝スタンド』

「FRED」から発売されている爪楊枝スタンドはシュールでもありブラックユーモアをも含んでいる。『OUCH! 爪楊枝スタンド』は人型をした爪楊枝スタンド。シリコン製の本体には爪楊枝を刺す穴が空いており、爪楊枝を刺された姿は見ている方が思わず「OUCH!(痛い!)」と言いたくなる。どこに爪楊枝を刺すかでその人の人間性を浮き彫りにしそうな、そんな爪楊枝スタンドな気がする。価格は税抜1,400円。「ANT DESIGN STORE」から購入することができる。

■今夜の夢の中に登場してきそうなインパクト『The Candyman』

今夜の夢の中に登場してきそうなインパクト『The Candyman』 今夜の夢の中に登場してきそうなインパクト『The Candyman』

『The Candyman』はブランド「ALESSI」から発売されているキャンディディスペンサーである。背の高いシルクハット上部を開くとキャンディを格納するスペースになっており、赤い舌を引っ張り出すとキャンディが取り出せる仕組みになっている。口からキャンディを取り出すというところが何とも奇抜だが、奇抜な演技で観客を楽しませるピエロのデザインと組みわせたことで、そのデザインを受け入れさせることに成功している。ちなみにこのピエロ、「アルベルト」という名前があるそうで、砂糖依存症の彼は世界中を回りながら思い出とともにお菓子を帽子に貯め込んでいるのだそうだ。キャンディを取り出すのは構わないが、定期的にちゃんと補充してあげよう。価格はかなり高額な税抜200,000円。楽天市場から購入することが可能だ。

1 2 3 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2017 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。