人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

あとからじわじわ笑いがこみ上げてくるシュールな雑貨6選

2017.02.17

■ついドアの向こう側を覗き見してしまうドアストッパー『HERE KITTY』

ついドアの向こう側を覗き見してしまうドアストッパー『HERE KITTY』 ついドアの向こう側を覗き見してしまうドアストッパー『HERE KITTY』

人の想像力というものは厄介だ。あるはずのないものでも、「それでもやっぱり…」と想像して自分の頭の中で創り出してしまう。このドアストッパー『HERE KITTY』でも同じことが言える。使用する際はドアの隙間から猫が手を出しているように見えるわけだが、ドアの向こう側に実は猫がいるのではないか、と想像させてくる。そして手しかないことを知り何故かがっかりする。価格は税抜1,680円でこちらも「ANT DESIGN STORE」から購入することができる。ところでこの製品、猫の手だからまだ可愛げがあるのであって、人の手だったりした怖い以外の何物でもない気がする。

■使えるものは全て使う『ペンギンスルスルー〈ミニ〉』

使えるものは全て使う『ペンギンスルスルー〈ミニ〉』 使えるものは全て使う『ペンギンスルスルー〈ミニ〉』

この『ペンギンスルスルー〈ミニ〉』の製品ジャンルを説明するのは至極難しい。というのも複数ジャンルにまたがっていると思われる製品だからである。この製品ができることを挙げていくことにすると、まずはポケットティッシュ入れとして使用することができる。収納したティッシュは背中から取り出すのだが、白いティッシュとペンギンのデザインは相性が良い。続いて卓上クリーナーとして使用することができる。彼らのお腹がクリーナーを担っているので、背中を掴んでデスクの上を滑らせて使用する。最後にキーボードの隙間のような狭い場所のクリーナーとしても使用することができる。その際に活用するのが彼らのくちばし部分。彼らの首根っこを掴んでくちばしをキーボードの隙間に挿入、縦横に動かして掃除する。価格は税抜1,800円。注文は「FELISSIOMO」から行うが、製品のデザインはお任せになる点注意してもらいたい。

text/Wataru KOUCHI

趣味は合唱、読書、語学、旅行、美術館巡り、雑貨屋探索etc...日本、海外の雑貨やガジェット、デザインコンセプトの中から思わず「それ、いただき!」と言ってしまうモノ達を紹介するライター。

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。